【スポーツモードでも快適至極】メルセデス・ベンツSクラス S 500 4マティックLへ試乗 3.0LのMHV

公開 : 2021.01.17 10:25

見事に優れたインテリアの知覚品質

インテリアの知覚品質も見事というしかない。素材や仕立て、組み付けも素晴らしく、シートも上等。ヘッドレストや足元には、ふわふわのエアクッションも付いている。

一方の運転席側は、タッチモニターに集約された機能が多すぎると感じた。ステアリングホイールのタッチセンサーでも操作は可能で、便利ではある。だが使い慣れたロータリー・コントローラーや、実際に押せるスイッチはほぼない。

メルセデス・ベンツSクラス S 500 L 4マティック(英国仕様)
メルセデス・ベンツSクラス S 500 L 4マティック(英国仕様)

ダッシュボード中央のエアベントは高い位置にあり、タッチモニターを触っていても気流が遮られることはない。だが、エアコンの温度調整やステレオのボリュームは、物理的に操作できるスイッチの方が便利だと思う。

電子的に機能を集約することで、オプションの有無や市場別のモデル設定が容易になる、というメーカー側の利点はあるだろう。運転支援システムなどの先進的な機能は、無線通信によるアップデートで管理もしやすい。

複雑な機能は、ボタンでは操作しにくいという側面もある。アンビエントライトの色や明るさ、コーナリング時のサイドサポートの反応などは、画面でないと指定が難しい。

ドライバーやリアシートのオーナーを、メルセデス・ベンツSクラスが沢山アシストしてくれることは素晴らしい。普通と贅沢との違いでもある。マッサージ機能やBGMが、少しおせっかいに感じることもあるかもしれないけれど。

メルセデス・ベンツSクラス S 500 L 4マティック(英国仕様)のスペック

価格:10万35ポンド(1400万円)
全長:5283mm
全幅:1921mm
全高:1503mm
最高速度:249km/h
0-100km/h加速:4.9秒
燃費:11.2km/L
CO2排出量:202g/km
車両重量:1990kg
パワートレイン:直列6気筒2999ccターボチャージャー+ISG
使用燃料:ガソリン
最高出力:436ps/6100rpm
最大トルク:53.6kg-m/1800-5800rpm
ギアボックス:9速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×