三菱自動車、パイクスピークにi-MiEV Evolutionで挑戦

2012.05.18

三菱自動車は7月3日〜8日にアメリカ・コロラド州で行われるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに、i-MiEV EvolutionとMitsubishi i(日本名i-MiEV)の2台体制で参加すると発表した。

ドライバーは、i-MiEV Evolutionにはダカール・ラリー2連覇の実績のある増岡浩が、Mitsubishi iにはスコアインターナショナルオフロードシリーズクラス優勝ドライバーのベッキー・ゴードンを起用する。

i-MiEV Evolutionは、市販車と同じモーター、バッテリーを搭載。フロント1基、リア2基の3モーターによる4WDマシン。ボディ・サイズは4241×1900×1339mm。最高出力は240kW。専用のパイプフレームのシャシーにカーボン製ボディが乗る。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事