【10年ぶり】ジープ・ラングラー・アンリミテッドに「アイランダー」 200台限定

公開 : 2021.05.17 17:15

ジープ・ラングラー・アンリミテッド・アイランダーは200台限定で550万円。10年ぶりの復活です。

もくじ

「アイランダー」200台限定 550万円
アイランダー 外観の特徴
アイランダー 内装の特徴
アイランダー パワートレイン/安全装備

「アイランダー」200台限定 550万円

FCAジャパンは、ジープ・ラングラー・アンリミテッドに、「アイランダー」を200台限定で設定した。

「アイランダー」は1988年に初代ラングラー(YJ型)をベースに登場。JK型以来、約10年ぶりに復活となる。

ジープ・ラングラー・アンリミテッド・アイランダーには、青系のボディカラー「チーフC/C」(限定100台)と、「ヘラヤライエローC/C」(同100台)の2色が設定される。
ジープ・ラングラー・アンリミテッド・アイランダーには、青系のボディカラー「チーフC/C」(限定100台)と、「ヘラヤライエローC/C」(同100台)の2色が設定される。    ジープ

南国のビーチを想起させる「アイランダー」について、「開放的な夏の雰囲気を愛するお客様にぴったりの1台となっています」とFCAジャパンはコメントする。

メーカー希望小売価格は、550万円(税込み)となる。

アイランダー 外観の特徴

エクステリアは、青系のボディカラー「チーフC/C」(限定100台)と、「ヘラヤライエローC/C」(同100台)の2色を設定。

ホワイトのハードトップが組み合わされる。現行のJL型では初設定だ。

タイヤカバーにあしらわれるティキ・ボブのイラスト。
タイヤカバーにあしらわれるティキ・ボブのイラスト。    ジープ

さらにボンネット側面とタイヤカバーには、ティキ・ボブのイラストがあしらわれる。ポリネシア神話に登場するティキ(Tiki)をモチーフにセブンスロットの鼻を組み合わせた独自のキャラクターだ。

ボディサイドには車体下部を保護するロックレールを備えている。

アイランダー 内装の特徴

インテリアには、セラミックホワイトのインストゥルメントパネルや、「ISLANDER」ロゴ、サーフブルーのステッチがあしらわれた布製バケットシートを装備。

ステンレスのドアシルガードや、前後グラブハンドル、ラバーフロアマット(いずれもモパー社製)、ならびにカーゴチューブライナーといった装備が備わる。

ドアパネルにもティキ・ボブのイラストがあしらわれる。
ドアパネルにもティキ・ボブのイラストがあしらわれる。    ジープ

アイランダー パワートレイン/安全装備

アイランダーのベースモデル「アンリミテッド・スポーツ」は、最高出力284psの3.6L V型6気筒エンジンを搭載している。

LEDヘッドライトやフォグランプ、ブラインドスポットモニターおよび後退時に側方からの車両の接近を検知するリア・クロスパス・ディテクション、フロントパークアシストがアイランダーにも装備されている。

ブラインドスポットモニターのイメージ。
ブラインドスポットモニターのイメージ。    ジープ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事