メルセデス・ベンツC63 AMGは487ps以上

公開 : 2014.03.12 22:40  更新 : 2021.01.30 21:38

メルセデス・ベンツの新しいC63 AMGは11月に開催されるロサンゼルス・モーターショーで発表される予定で、現在最終的なテストが行われている。ここで捕らえられたエステート・バージョンは、今まで捕えたスパイショットの中でも、最もその出で立ちがはっきりとわかる。

とは言え、重いカモフラージュをされたままだが、それでもよりアグレッシブなバンパー、クアッド・エグゾースト、サイド・エアインテイクなど見て取れる。また、オリジナルのAMGホイールも装備されている。

そのエンジンは、4.0ℓのツインターボV8。従来のノーマル・アスピレーション6.2ℓV8に変わるものだ。この新しいエンジンは、487ps以上を発揮し、その基本的なモジュラーはA45 AMGに搭載される4気筒2.0ℓを倍にしたもの。トルクも現行の61.2kg-mよりも大きくなる。

まず、サルーンが来年初頭に発売され、エステートやクーペがその後に続くことになる。ちなみに、4WDモデルが主流の最近のAMGモデルとは異なり、新しいC63 AMGはRWDのみが提供されることになりそうだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事