【レオーネに初搭載から49年】スバル、AWD車の累計生産台数2000万台達成

公開 : 2021.07.10 19:25  更新 : 2021.07.10 20:42

スバルは、2021年7月8日、2021年6月末にAWD車の累計生産台数2000万台を達成したと発表しました。

レオーネから49年目 2000万台達成

text:AUTOCAR JAPAN編集部

スバルは、2021年7月8日、2021年6月末にAWD(All-Wheel Drive:全輪駆動)車の累計生産台数2000万台を達成したと発表した。

1972年9月に発売した国産初の乗用タイプ全輪駆動車「レオーネ4WDエステートバン」に搭載以来、49年目での達成となった。

スバル・レヴォーグ
スバル・レヴォーグ

現在、スバルの世界販売台数に占めるAWD車の比率は98%に上り、そのすべてが水平対向エンジンとの組み合わせによる、スバル独自のシンメトリカルAWD。

シンメトリカルAWDの最大の特徴は、縦置きに配置した水平対向エンジンを核として左右対称にレイアウトされたパワートレインで、水平対向エンジンのもたらす低重心とパワートレインの優れた重量バランスがAWDの安定性と走破性を最大限に引き出す点にある。

スバルの安全思想と走りの愉しさを支える中核技術としておよそ半世紀にわたって磨かれたAWD性能は、電動車においても進化を続けるという。

日本をはじめ世界各地域で展開するeボクサー搭載車では、モーター駆動の応答性の高さを活かしたより緻密なAWD制御により、雪上や氷上といった滑りやすい路面での安心感や、ラフロードなど悪路での走破性が更に高められた。

スバルは、2022年発売予定のSUVモデルのEV「ソルテラ」、2020年代中盤に発売予定のストロングハイブリッド車においても、モーター駆動とAWD制御の協調でAWD性能は進化を続けるとコメントした。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事