【訃報】ヨハン・ファン・ゼイル 63歳で逝去 トヨタ欧州部門の元責任者

公開 : 2021.08.02 06:25

7月30日、欧州市場にてトヨタの事業展開を指揮してきたファン・ゼイル氏が亡くなりました。63歳でした。

南アフリカや欧州で活躍

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

今年初めにトヨタの欧州部門の責任者を辞任したヨハン・ファン・ゼイル(Johan van Zyl)が63歳で亡くなった。

ファン・ゼイルは7月30日、病気のため亡くなった。トヨタは声明の中で、同氏の「ユーモアや冷静さ」を強調し、「不幸な報せにより、わたし達全員が衝撃を受けた」と述べている。

ヨハン・ファン・ゼイル氏
ヨハン・ファン・ゼイル氏

欧州部門を率いる中で、カローラの市場復帰、SUV車種の拡大、GRスープラやGRヤリスといった人気スポーツカーの導入など、欧州市場におけるトヨタの大攻勢を先導してきた。

ファン・ゼイルの後任としてトヨタ・モーター・ヨーロッパの社長兼CEOに就任したマット・ハリソンは、次のように述べている。

「わたし達は、インスピレーションを与えてくれるリーダーであり、素晴らしい人物を失いました。ヨハンと一緒に仕事をする機会に恵まれたわたし達は、どんな話題でも共有でき、人を心から大切にする偉大な指導者として、彼を忘れることはないでしょう」

「奥様、お嬢様、お孫様には心よりお悔やみ申し上げます」

南アフリカ出身のファン・ゼイルは、経営学の博士号を取得後、1993年にトヨタに入社し、当初は南アフリカの販売担当として活躍した。1997年にはトヨタ・サウスアフリカのマネージング・ディレクターに就任し、2003年には同部門の社長兼CEOに昇進した。

その後、アフリカ全域の責任者となり、2015年から欧州部門を率いるようになった。2017年に専務執行役員に就任。今年初めに欧州部門の責任者から退き、故郷の南アフリカでトヨタ・サウスアフリカの会長に就任していた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×