トヨタGT86/スバルBRZコンバーチブルにゴーサイン

公開 : 2012.06.01 18:00  更新 : 2021.01.28 18:11

トヨタとスバルはGT86とBRZのコンバーチブル・バージョンの生産に入るかどうかについて協議をしているところだ。プロジェクト・エンジニアの多田哲哉によれば、技術的には何ら問題がないという。

特にカリフォルニアで人気を博すのであれば、コンバーチブル・バージョンを生産するということは回避不能な事実で、おそらく2014年には発売が開始されることになろう。

トヨタは、バリエーションの追加と、パフォーマンク・パックを提供することで、初期の販売の勢いを維持したいと考えているようだ。

ブラックボックス・テレメトリー・システムも新しい装備のひとつだ。これは、サーキットにおける走行データを記録し、そのデータをプレイステーションへダウンロードすることによって、ドライバーのパフォーマンスを他のドライバーと比較するというもの。オンライン・チュートリアルやデモ走行のデータとも比較することができる。現在、トヨタのエンジニアは主なサーキットのマッピングを作成している最中だという。多田によれば、このシステムを装備することは、保守的なトヨタの上層部に納得させるには苦労をしたというが、マニアックなボス、豊田章男の後押しで実現しそうだという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事