DS 6WR

公開 : 2014.04.21 06:00  更新 : 2017.06.01 02:13

シトロエン・ワイルド・ルビーズ・コンセプトのプロダクション・モデルとなるDS 6WRが北京モーターショーで公開された。PSAのボス、カルロス・他バレレスが語ったように、DSは今後PSAグループの中で、シトロエンともプジョーとも別の独立したブランドとなる。

DS 6WRは年末までに中国市場に投入されるモデルで、ヨーロッパ市場向けに投入されるかどうかは不明だ。シトロエンの社長、フレデリック・バンゼットによれば、C4カクタスと当たる可能性があるかを考慮しているのだという。

DSブランドの初のSVU,6WRは、160psまたは200psを発揮する1.6ℓ4気筒エンジンが搭載され、ギアボックスは6速のオートマティックが組み合わせられる。

全長は4550mm、全幅1860mm、全高は1610mmで、プジョー5008よりも僅かに長く広く、そして低い。メカニズム的にはFWDでありならが、4WD並みのトラクションを発揮するグリップ・コントロールが装備されているのが特徴。

そのスタイルは、ワイルド・ルビーズからほとんど変更はなく、19インチ・ホイールを履く。

▶北京モーターショー

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像