100年現役? 王立空軍CH-47チヌーク、正式採用から40年 未だ衰えを知らない実用性とは

公開 : 2021.12.31 20:05

装甲車や榴弾砲も運べる飛行能力

チヌークのようなタンデムローター式ヘリコプターの利点は、すべての動力を揚力に使えること。つまり、機体がぐるぐる回るのを防ぐための垂直尾翼ローターを駆動する動力を必要としないのだ。

しかし、前方飛行ではフロントローターが後方の空気を乱し、リアローターの効率を低下させるという欠点がある。そのため、後部のパイロンを前部より高くして、部分的にその影響を打ち消している。

ボーイングCH-47チヌーク(RAF仕様)
ボーイングCH-47チヌーク(RAF仕様)    英国防省

ハネウェル社のT55-L-714Aエンジンの8336shpと、直径18.29mのローターが生み出す揚力の間には、どうしてもロスがある。しかし、それでもこの1万2100kgの燃料を満載した機体に、最大積載量1万580kgを加えた、最大離陸重量2万2680kgを持ち上げることができるのである。実際の戦場では、さらに多くの荷物を積んでいたことが知られている。

チヌークは高度1万5000フィート(約4500m)まで上昇できるが、夜間に自宅の上空を通過する音を聞いたことがある人ならわかるように、そこまで上昇しないことが多い。チヌークの「決して超えてはならない」速度(それ以上は機体にとって危険とされる)は180kt(333km/h)だが、クルーいわく「計算が簡単だから」という理由で、RAFは120kt(222km/h)で巡航する傾向がある。

120ktの巡航速度では、1時間に1200kgの燃料を消費し、ノーマル仕様のタンクで2時間半、ファットタンク仕様ならその倍を飛べる。その間にどれだけの距離を飛行できるかは、風向き次第だ。対気速度と対地速度は別物である。しかし、負傷者のもとへ向かう途中、パイロットはチヌークを最大限のパワーで飛ばす。

安定性の高さが戦略を広げる

チヌークは大型で、小型軽量なシングルローターのような操縦性はないが、RAFのチヌーク展示飛行チームを見れば、驚くほど機敏に動けることがおわかりいただけると思う。

操縦方法は他のヘリコプターと似ているが、異なる点も多い。各パイロットの足元には2つのフットペダルがあり、時計回りか反時計回りのヨーをコントロールする。コレクティブ(スロットルのようなもの)でローターのピッチを調節し、揚力を発生させる。そして、サイクリック・スティックで機体を傾けて移動させる。ローターのピッチと角度を変えることで、チヌークは優れた操縦性と安定性を発揮する。

ボーイングCH-47チヌーク(RAF仕様)
ボーイングCH-47チヌーク(RAF仕様)    英国防省

この安定性は、チヌークのトレードマークの1つである「ピナクル」の鍵となるものである。ピナクルとは、後輪を山の尾根や崖の縁に寄せてホバリングしながら部隊を乗降させるための技で、特に高所への部隊展開に威力を発揮する。後輪のブレーキはロックされ、パイロットは機体を安定させるために微調整を行う。尾根から数m離れているときよりも、近いときの方が空気の流れが安定するため、操作はより簡単なようだ。ホバリングしている間、兵士は地面に降り立つことができるが、パイロットの下には何もない。

ドッグファイトと聞いてチヌークを思い浮かべる人は少ないだろうが、作戦地域では敵性航空機の標的となる可能性がある。あくまで輸送機であり、戦闘能力はほとんど持たないものの、自衛のためのチャフやフレアーが側面に装備されている。

しかし、より可能性が高いのは、地上からの攻撃である。チヌークは軽度の装甲が施され、物理的および電子的な対抗手段を備えている。戦場では通常、両サイドのドアにM134ミニガンを、後部には機関銃を搭載する。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・プライヤー

    Matt Prior

    英国編集部エディター・アト・ラージ
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像