ポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモへ試乗 新スタイルで二兎を得る

公開 : 2021.12.31 19:05

シューティングブレーク風ボディをまとった、最もスポーティな純EVの派生モデルを、英国編集部が評価しました。

サルーンとクロスツーリスモの融合

パワートレインのハイブリッドは聞き慣れたもの。でも、こちらのポルシェタイカンは異なるボディスタイルが組み合わされた、別のハイブリッドだ。

クロスオーバーのタイカン・クロスツーリスモを持ってきて、オフロード・ライクな樹脂製オーバーフェンダーなどを剥がす。そして、車高をサルーンのタイカン並みに低くする。その結果誕生したのが、このタイカン・スポーツツーリスモといえる。

ポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモ(欧州仕様)
ポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモ(欧州仕様)

つまり、クロスツーリスモが備える余裕のある後部座席と広々とした荷室が、背の低いタイカンに備わっている。

サルーンのタイカンほどのダイナミックな走りや、クロスツーリスモほどの実用性や走破性は備えていないかもしれない。両方の良いところを、上手に持ち合わせている可能性もある。ハイブリッドの感じ方は、読者によって異なるだろう。

AUTOCARでは先日、通常のタイカン GTSの試乗レポートをお伝えした。その時に運転が許されたのはサーキットのみだった。反面、タイカン GTS スポーツツーリスモの運転は、同じ日ながら公道のみという指定。残念ながら、直接的な比較はできなかった。

しかしスポーツツーリスモは、サルーンのタイカンとクロスツーリスモとの、両方の長所をしっかり受け継げているようだ。中途半端なハイブリッドではない。

サルーンとの走りの違いは感じられない

もし読者が2台を試乗して、スポーツツーリスモはサルーンのタイカンより車重が15kg重いことを感じ取ることができるなら、自動車ジャーナリストになれると思う。筆者は残念ながらわからなかった。

あるいは、少し高めのルーフラインがもたらす重心高の違いが生む、ハンドリングの変化に気付くことができるなら、世界トップクラスのシャシーエンジニアにもなれるかもしれない。その違いは極めて小さい。

ポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモ(欧州仕様)
ポルシェ・タイカン GTS スポーツツーリスモ(欧州仕様)

基本的にシャシーのセットアップはサルーンと同じ。サーキットと公道という違う環境で乗り比べたこともあって、タイカン・スポーツツーリスモは、サルーンのタイカンと同じように加速し、曲がり、停止するように感じられた。

タイカン GTS スポーツツーリスモの英国価格は、サルーンのGTSから800ポンド(約12万円)高いだけ。ダッシュボードにストップウォッチを置く、スポーツクロノパッケージと殆ど変わらない差額だ。

その差で通常なら400L、リアシートを折りたためば1200L以上という大きな荷室空間が得られる。しかもタイカンのGTSは、現在売られている純EVでベストなモデルのベストな仕様といえる。

サルーンとのドライビング体験の違いは極わずか。ポルシェ・タイカン GTSで、スポーツツーリスモにするべきか悩む必要はないといっていい。

記事に関わった人々

  • アンドリュー・フランケル

    Andrew Frankel

    英国編集部シニア・エディター
  • 中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事