ランボルギーニ、ウラカン電動化は2025年予定 ウルスPHEV、アヴェンタドール後継も間近

公開 : 2022.01.25 18:45

ランボルギーニは電動モデルの発売計画を明らかにしました。アヴェンタドールの後継車は年内に発表予定です。

2025年までに全車種ハイブリッド化

ランボルギーニは今後数年間で段階的にラインナップを電動化し、2023年にハイブリッドのアヴェンタドール後継車、2024年にウルスPHEV、2025年にウラカン・ハイブリッド、2028年頃に新クラスのEVを導入する予定だ。

AUTOCARの取材に対し、ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマンCEOは、スーパースポーツカーと人気のスーパーSUVの2台を電動化すれば、CO2排出量を現在の半分程度に削減できると推定していると語った。

ランボルギーニ・ウラカン・エボ
ランボルギーニ・ウラカン・エボ

顧客は電動化モデルに乗り換える準備ができているかと問うと、ヴィンケルマンCEOは「ハイブリッド化の準備はできている」と応えた。

1963年のトリノ・モーターショーでデビューモデル350GTを発表してからちょうど60年、ランボルギーニは量産モデルに電動化を導入することになる。

「2025年までに、当社はハイブリッド車だけをラインナップする予定です。これは、CO2排出量を少なくとも50%削減するためです」

アヴェンタドール後継は全く新しいV12搭載

EVを発売するまでの6年間、ランボルギーニは兄弟ブランドのポルシェベントレーと同様に、現在のラインナップをハイブリッド化し、電気のみでの走行機能を付与する予定だ。しかし、ヴィンケルマンCEOは、必ずしもこの2社のようにV6エンジンを採用するわけではないと強く語った。

彼はAUTOCARに対し、「当社はV6エンジンを計画していない」とし、ウラカンのV10やアヴェンタドールのV12のような大型エンジンは「伝統の一部」であると述べた。

ランボルギーニの次期4ドア・セダンのレンダリング
ランボルギーニの次期4ドア・セダンのレンダリング    AUTOCAR

「例えば、アヴェンタドールの後継車に搭載されるV12は、まったく新しいV12エンジンになります。規則を満たす限り、それを実現することが重要だとわたしは考えています」

V12を最新の排ガス規制に対応させるのは難しいかとの質問に対しては、「はい」とだけ答えたが、「DNAの一部」であるため、投資と努力に見合うものだとしている。

今年末の公開を経て2023年発売予定のアヴェンタドールの後継車は、シアンやカウンタックLPI 800-4が採用している、ガソリンエンジンとスーパーキャパシタを組み合わせたものではなく、プラグイン・ハイブリッドのドライブトレインを採用する予定だ。これにより長時間、高速でのEV走行が可能となるだろう。

後日発表されるウルスとウラカンのハイブリッド車も同様のセットアップを採用する予定だが、V8とV10エンジンを維持するかどうかはまだ確認されていない。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ランボルギーニの人気画像