新型フォード・ブロンコ・ラプター 悪路走破に特化した高性能モデル登場 最高出力400ps

公開 : 2022.01.26 06:05

フォード・ブロンコにオフロード性能を強化した「ラプター」モデルが登場。ドアとルーフは取り外し可能です。

オフロード特化型の「ラプター」

フォードは、新型ブロンコ・ラプターを発表した。SUVのブロンコにオフロードに特化した数々のアップグレードを導入し、「高速での砂漠制覇やバハのロッククローリングが可能」なハードコアモデルだ。標準のブロンコと同様、今のところ米国限定モデルとなっている。

ブロンコのモデルラインとしては、昨年発売されたブロンコとブロンコ・スポーツに続く3台目となる。また、フォードの「ラプター」仕様としてはレンジャーとF-150に次ぐ3台目のエントリーモデルである。

フォード・ブロンコ・ラプター
フォード・ブロンコ・ラプター    フォード

ブロンコ・ラプターは、保護ボディキット、牽引フック、がっしりしたアンダーボディ・バッシュプレート、8.6インチのワイドトレッド、約12cmの車高アップ、オフロードサスペンションと37インチのオールテレーンタイヤなど、オフロード志向の装備を多数採用している

また、ライバルのジープラングラー・ルビコンと同様に、ドアとルーフを取り外すことが可能で、オープンエアでのドライビングを楽しめる。

ボディやエンジンも大幅強化

標準からの変更点は見た目だけにとどまらない。ショックタワーの再設計によるホイールトラベル増加(フロント60%、リア40%)、BピラーとCピラー強化によるボディ剛性向上、高トルク出力に耐える大型ドライブシャフト、「砂漠におけるハイパフォーマンス・イベントに耐えるよう設計」された高性能クラッチも装備されている。

パワートレインには最高出力400psを超えるツインターボ3.0L V6ガソリンエンジンが採用され、公道仕様のブロンコとして最もパワフルなモデルとなった。トランスミッションは10速AT。エグゾーストシステムは音を向上させるために専用設計されている。性能の詳細については、まだ発表されていない。

フォード・ブロンコ・ラプター
フォード・ブロンコ・ラプター    フォード

フォードのドライブモードシステム「GOAT(Goes Over Any Type of Terrain)」には、ターボラグを最小限に抑えて砂漠での高速性能を最適化する「バハ・モード」や、牽引力を2000kg以上にアップさせる「トウ/ホール・モード」など7種類が用意されている。

フォードは、3月に受注開始予定のフォード・ラプターの価格をまだ公開していないが、今年販売されるモデルのほとんどは、既存の予約者に提供されると述べている。納車は夏に開始される予定だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フォード ブロンコの人気画像