新型マセラティ・グラントゥーリズモ プロトタイプ公開 電動化で生まれ変わる旗艦クーペ

公開 : 2022.04.12 06:05

イタリアの市街地を走り抜ける、次期型マセラティ・グラントゥーリズモのプロトタイプが公開されました。

待望のフラッグシップクーペ

マセラティの新型EV、グラントゥーリズモ・フォルゴーレのプロトタイプが公開された。ステランティスのカルロス・タバレスCEOの運転で、公道を走行している様子が確認できる。

マセラティが公開したこの画像は、グラントゥーリズモ・フォルゴーレのスタイリングを、これまでで最も鮮明に見せてくれるものだ。プロトタイプは4月9~10日にローマで開催されたフォーミュラEのローマE-Prixに先立ち、市街地サーキットを走行したという。

次期型マセラティ・グラントゥーリズモのプロトタイプ
次期型マセラティ・グラントゥーリズモのプロトタイプ

このモデルはつい先日、フォーミュラEに参戦するロキット・ヴェンチュリー・レーシングとマセラティとの新しいパートナーシップを記念したイベントでもお披露目されている。

間もなく正式デビューを果たすグラントゥーリズモは、簡素なカモフラージュが施された姿で登場した。そのスタイリングは、現行モデルを根本的に刷新したというよりも、基本を維持しつつ細部を進化させているようだ。2016年にコンセプトとして公開された、「アルフィエーリ」に似ているようにも見える。

パワートレインについては明らかにされていないが、ICE仕様ではMC20に搭載される新型V6エンジン「ネットゥーノ」や、クアトロポルテに採用されるフェラーリ由来のV8が有力視されている。また、ギブリレヴァンテに続いてハイブリッドも採用する予定だが、その位置づけから、マイルドハイブリッドの2.0L 4気筒ガソリンエンジンが選ばれる可能性は低い。

完全EVとして「グラントゥーリズモ・フォルゴーレ」も発売されるが、昨年、その電動パワートレインのサウンドを予告した短い動画が公開されている。技術的な詳細は未確認のままだが、次世代のグラントゥーリズモシリーズの中で最速、最強のモデルになることは間違いないだろう。

マセラティは、EVのパワートレインが「従来の内燃機関を搭載したすべてのマセラティ車の特徴である、独特のサウンド」を持つよう開発に取り組んでいるという。しかし、V6やV8エンジンの音を人工的に再現する可能性は低いと思われる。

グラントゥーリズモの開発テストは、マセラティの施設やその周辺道路で行われており、カモフラージュされたプロトタイプが間もなくカメラの前に現れるだろう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

マセラティの人気画像