次期アウディS4アバント 開発途中のプロトタイプ発見 エンジン搭載の最終世代

公開 : 2022.06.10 18:05

アウディのスポーツワゴン「S4アバント」のプロトタイプが目撃されました。インテリアはすっきりとしたデザインになっています。

テスト中の次期S4 公道上で初めて発見

新型アウディS4アバントのプロトタイプが目撃された。2023年の発売が予想されるスポーツワゴンで、公道でテスト走行しているところを初めてカメラが捉えた。

2017年に発売された現行モデルよりもワイドなフロントグリル、スリムなヘッドライト、角張ったルーフラインが採用されている。インテリアでは、スクエアボトムの新しいステアリングホイールと、フローティングタイプと思われるインストゥルメントパネルらしきものが確認できる。

アウディS4アバントのプロトタイプ
アウディS4アバントのプロトタイプ    AUTOCAR

センターコンソールはすっきりとした形状で、物理的な操作系の多くがタッチスクリーンのシステムに統合されたことが伺える。また、従来のギアセレクターからトグル式の新システムに変更されている。

MTは廃止? 電動化前の最後の世代か

トランスミッションは、7速DCTか8速トルコンATのいずれかが採用されるだろう。現行モデルのS4に搭載されている6速MTは、コスト削減のために廃止される見込みだ。

パワートレインはV6ディーゼルエンジンの採用が予想される。標準のA4アバントは、2.0L 4気筒ターボガソリンエンジンの第5世代を採用するようだ。

アウディS4アバントのプロトタイプ
アウディS4アバントのプロトタイプ    AUTOCAR

最上級のRS4アバントは、ハイブリッドシステムを採用することになっている。2.9L V6ツインターボを搭載し、電気アシストにより最高出力450ps、最大トルク61.2kg-mに引き上げられる予定だ。

アウディは2026年に最後のエンジン車を発売し、2033年までにラインナップをすべて電動化する計画だ。そのため、標準のA4と並んで新型EVのA4 eトロンを開発中で、RS4のEV版も登場する見込みである。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

アウディ A4の人気画像