キャデラック 新型LMDh車両「プロジェクトGTPハイパーカー」公開 2023年レースデビュー

公開 : 2022.06.10 18:25

キャデラックは、来年のIMSAとWECに投入する新型ハイパーカーを公開。トヨタGR010ハイブリッドとも刃を交えます。

IMSA/WECに参戦する新車両

キャデラックは、2023年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に投入する新型マシン「プロジェクトGTPハイパーカー」を公開した。

ル・マン・デイトナ・ハイブリッド(LMDh)規定に基づき製作されたプロトタイプ・ハイパーカーで、世界耐久選手権(WEC)と米国のIMSAにおける新クラス「GTP」への参戦が可能だ。

キャデラック・プロジェクトGTPハイパーカー
キャデラック・プロジェクトGTPハイパーカー    キャデラック

2023年はキャデラックとともに、ポルシェBMWアキュラ、そして翌年にはランボルギーニアルピーヌがIMSAに参戦する予定となっている。

新型プロジェクトGTPハイパーカーは、ダラーラ製シャシーに新開発の5.5L V8 DOHCエンジンを搭載。ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング製のバッテリーおよび出力50psの電気モーターをエクストラック製トランスミッションに組み込んだ、ハイブリッドシステムである。

縦長のヘッドライトとアグレッシブなバンパーなど、キャデラックCT5-Vブラックウィングのような市販の高性能モデルを彷彿とさせるスタイリングとなっている。全体的には2017年からIMSAに参戦した「DPi-V.R」にも似ている。

フロントホイールアーチの後ろには、1950年にル・マンで11位に入賞したキャデラック初のプロトタイプ・レーシングカーにちなんで「Le Monstre」の名が記されている。

プロジェクトGTPハイパーカーは、今夏からテストを開始し、2023年のロレックス・デイトナ24時間レースでデビューする予定である。

トヨタプジョーとも対戦

マシンの運営は、現在DPi-V.Rを使用しているチップ・ガナッシ・レーシングとアクション・エクスプレス・レーシングによって行われる。2023年のル・マン24時間は、キャデラックにとって2002年(ノーススターLMPが9位と12位でゴール)以来の参戦となる。

ゼネラルモーターズのスポーツカー・レーシング・プログラムマネージャーであるローラ・ウォントロプ・クラウザーは、次のように述べている。

キャデラック・プロジェクトGTPハイパーカー
キャデラック・プロジェクトGTPハイパーカー    キャデラック

「キャデラックのような米国を代表するブランドでル・マンを戦えるのは、とても光栄なことです」

「キャデラックのレーシング・レガシーを積み重ねていくために、世界で最も過酷なレースで、最高の仲間と競い合うことを、チーム全員が大いに喜んでいます」

キャデラック副社長のロリー・ハービーは、次のようにコメントしている。

「20年ぶりにル・マンに戻ることができ、わたし達は皆、感激しています。2023年のIMSAとWECの両選手権に参戦することで、キャデラック・レーシングは、その能力、クラフトマンシップ、テクノロジーを実証できます」

IMSAの新しいGTPカテゴリーには、WECのハイパーカー・クラスの車両も参加できる。そのため、キャデラックのプロジェクトGTPハイパーカーは、2023年のデイトナでトヨタGR010ハイブリッドやプジョー9X8と競い合うことになる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

キャデラックの人気画像