新型メルセデス・ベンツEQT 欧州発表 上質な電動ミニバン、キャンパー仕様も

公開 : 2022.12.05 06:25

メルセデス・ベンツは、新型の電動ミニバン「EQT」を公開しました。航続距離280km、フロントモーターで最高出力122psを発生させます。アウトドア要素を詰め込んだキャンピングカー仕様も開発中とのこと。

高級志向の小型電動ミニバン

メルセデス・ベンツは、小型の電動ミニバン「EQT」を公開した。最近導入されたTクラスのEV版で、欧州では2023年に発売される予定だ。

メルセデス・ベンツとルノーの技術提携により開発された新型EQTは、ルノー・カングーEテック、日産タウンスターEV、オペル/ヴォグゾールコンボeライフの兄弟車にあたる。フランスのルノー工場で生産される予定。

メルセデス・ベンツEQT
メルセデス・ベンツEQT    メルセデス・ベンツ

5人乗りの標準仕様のほか、キャンピングカー仕様も開発中で、ポップアップルーフなどを備えた「コンセプトEQTマルコポーロ」が公開されている。

先に発表された内燃機関搭載のTクラスとの外見上の違いとして、専用デザインのバンパーとブラックパネルグリル処理を施したフロントエンドが挙げられる。また、ヘッドライトのグラフィックやサイドミラーなど、細部がブラックで統一されている。

EQTの全長は4498mm、全幅は1859mm、全高は1819mm。

5人乗りでスライドドア付き 航続距離280km

パワートレインはカングーEテックと同じで、フロントマウントの同期モーターで最高出力122ps、最大トルク25kg-mを発生させる。エネルギー容量45kWh、電圧400Vのリチウムイオンバッテリーがリアアクセル前方のフロアに搭載される。

「エコ」と「コンフォート」の2つの走行モードや、3段階(D-、D、D+)に調整可能な回生システムを搭載。加速性能は未公表だが、最高速度は135km/hに制限されることが確認されている。

メルセデス・ベンツEQT
メルセデス・ベンツEQT    メルセデス・ベンツ

航続距離は280kmで、WLTPテストにおける平均消費電力は18.99kWh/100kmとされる。最大22kWのAC充電と最大80kWのDC充電に対応し、後者では38分で10~80%の充電が可能だという。

インテリアでは、マルチファンクション・ステアリングホイールなど、Tクラスと同様のレイアウトが採用された。アナログメーターにはエネルギー使用量やバッテリー残量、7インチのインフォテインメント・ディスプレイにはエネルギーフローなどのEV独自の情報が表示される。

標準の5人乗り仕様では、後部座席にチャイルドシートを最大3つまで横に並べることができるという。トランク容量は551Lで、後部座席を倒すと1979Lとなる。最大積載量は、ルーフラック積載量(80kg)を含めて516kg。

EQTは、ルノーのCMF-Bプラットフォームをベースにしている。サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット、リアにパンハードロッド付きリジッドアクスルを採用する。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツ EQTの人気画像