アルファ・ロメオ 伝説のジュリアTZ復活へ ザガートと共同開発、2023年後半にデビュー

公開 : 2022.12.08 18:45

1960年代のアルファ・ロメオ・ジュリアTZが、ザガートとの協力により現代へ復活する計画が明らかになりました。レースデビュー60周年を記念し、2023年11月に登場する予定です。

ザガートデザインの2ドア・クーペ 2023年復活

アルファ・ロメオは、デザイン会社ザガートとのコラボにより、クラシックなジュリアTZを復活させる計画だ。

ザガートがSNSに投稿した短い予告映像では、1960年代のレーシングカー、ジュリア・ザガートTZのリアエンドを模したようなテールランプが確認できる。

アルファ・ロメオ・ジュリアTZ
アルファ・ロメオ・ジュリアTZ

新型車は「ジュリアSWBザガート」と名付けられ、低いボンネット、急峻なルーフライン、フラットカムテールなど、デザインの大部分でオリジナルから大きく影響を受けていると思われる。

しかし、その中身は現代的なものとなるだろう。ジュリア・クアドリフォリオ(またはGTAm)からシャシーとツインターボV6を拝借する可能性がある。SWBの名が示すように、ホイールベースは短くなると思われる。

ジュリアSWBザガートは、オリジナルのジュリアTZがFISAモンツァ・カップでレースデビューしてから60周年を記念して、2023年11月に登場する予定。同大会でTZは2位、3位、4位、5位を獲得した。

TZはコレクション性の高いクラシックカーとしても知られ、1965年式の個体は、グッディング・アンド・カンパニーのロンドン・オークションで118万1250ポンド(約2億円)で落札されるなど、コレクターにとっての価値の高さが伺える。

こうした背景を考えると、ジュリアSWBザガートの生産台数は極めて限られたものになると予想される。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

アルファ・ロメオの人気画像