海外初試乗

2012.12.04

三菱アウトランダーPHEV

テスト日 : 2012年12月03日

価格 : NA

■どんなクルマ?

今までとは異なる種類のハイブリッド・カー、三菱アウトランダーPHEVに独占試乗する機会をAUTOCARが与えられた。

何が異なるのか? 三菱は「われわれがこれまで見た一握りのプラグイン・ハイブリッドは、ショーケース用のクルマでしかありませんでした。しかし、われわれのモデルは異なります。」といって生産車にほとんど近いプロトタイプのキーを渡してくれた。

■どんな感じ?

アウトランダーPHEVは、来年中頃にはヨーロッパ市場で販売されるモデルであり、まともな航続距離を持つ最初のハイブリッド4WDモデルとなる。三菱は、このアウトランダーPHEVは、「プリウスのような極端なローエミッション・モデルでもないし、シボレー・ボルトのようなアヴァンギャルドなポスター・モデルでもない」と言う。最大限の快適さと実用性を持ち、全天候型の信頼性を持ち、それでいて燃料消費を最小限に抑えられたクロスオーバーSUVなのだ。

ただひとつだけ妥協があるとすれば、それは7シーターではなく5シーターということだ。

エクステリアおよびインテリアにおいては、特別、通常モデルと大きな変化はない。LEDランニング・ライト、クロム・トリムと、スペシャル・アロイ・ホイールなどがエクステリアの違い。インテリアでは若干異なる計器類とギア・セレクターぐらいなものだ。トランクも通常モデルと同じ591リッターが確保されている。

2つの80bhpのモーターが、それぞれのアクスルに付けられている。12kWhのリチウム・イオン・バッテリーと、独立したインバーターによってそれは駆動される。ひとつのアクスルに1台のi-Miev EV分のモーターが付けられている計算になる。

後部のモーターは、19.9kg-mのピーク・トルクを0rpmから発生する。フロントは14.0kg-mだ。そして、240Vで4時間充電すれば、バッテリーだけで55kmの走行が可能だ。もちろん、バッテリーが切れた後は、2.0リッターのガソリン・エンジンのみで走行することとなる。

クルマはまず最初、70kWのジェネレーターが4輪に駆動を与えるシリーズ・モードで走行する。そして、フルスロットルを与えると、ガソリン・エンジンも使用するパラレル・モードとなる。ガソリン・エンジンはダイレクトにフロント・ホイールを駆動し、同時にバッテリーとモーターにもパワーを与える。最大航続距離は880kmだ。

そのモードの切り替わりは、われわれのテスト車でも感じることはできなかった。

われわれのテスト車両は、日本スペックであったが、そのシャシー・セッティングは素晴らしいものがあった。

EVモードでは恐ろしく静かで、内燃機関が動き出しても、良く断熱されていてそれを知ることはできない。また、ハイブリッド車でしばしば見かけられるブレーキの柔らかさもなく、常に右足によく反応する素晴らしいパフォーマンスを示してくれた。

リラックスしてドライブができ、しかもフルパワーでは非常に速い。乗り心地はスムーズで、サスペンションからのノイズも非常に少ない。確かに横方向のロールが大きい気がしたが、これはヨーロッパ仕様では改善されることとなっているようだ。

■「買い」か?

1.8トンのクルマを2.0リッターのエンジンで引っ張る通常のアウトランダーであれば、その燃費は12km/l程度だろう。現実的には、CO2税が考慮された後でも、2.2リッターのクリーン・ディーゼル・モデルが総合的に経済的なのはいうまでもない。

しかし、本当にクリーンなモデルを望んでいる人にとっては、そして、自宅のチャージで住んでしまうような短い距離を毎日使う人にとっては、このPHEVは強くアピールする存在になるかもしれない。

そのロー・エミッションは、本当に歓迎されるべきものであろう。

(マーク・ティショー)

三菱アウトランダーPHEV

価格 NA
最高速度 170km/h
0-100km/h加速 NA
燃費 60.1km/l
CO2排出量 49g/km
乾燥重量 1810kg
エンジン 直列4気筒2000cc + 2x80bhp電気モーター
最高出力 220bhp
最大トルク 44.2kg-m
ギアボックス ダイレクト・ドライブ