クルマ漬けの毎日から

2019.11.23

クロプリー編集長はレンジローバー・ヴェラールのスタイリングにようやく慣れてきました。伝統的なレンジローバーが好きな編集長ですが、新たなスタイルを今どのように感じているのでしょう?

慣れてきた、ヴェラールのスタイリング

もくじ

そのエンジン 時代遅れ?
電動化 「効率性」の追求だけではない

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

そのエンジン 時代遅れ?

レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフィ・ダイナミックを運転して、楽しい週末を過ごした。

このクルマは同僚のティショーが普段乗っているが、彼が東京モーターショーを取材している間、私が借りることになったのだ。

以前お伝えしたかもしれないが、私はもっと背の高いレンジローバーが好みだ。だが、このヴェラールSVオートバイオグラフィは素晴らしい。

当初ヴェラールのスタイリングを好きになれなかったが、だんだん馴染んできた。デザインには厳しいカミさんも、このクルマを気に入っている。アクセルを踏み込んだ時、このスーパーチャージャー付き550psの感触に代わるものはない。

とはいえ、このエンジンの搭載が始まったのは2012年頃であり、今となっては時代遅れの感がある。

関連テーマ

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 

ランドローバーの人気画像

×