SVO版に試乗 レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフィ 生涯の友

2019.06.28

サマリー

限定仕様のラグジュアリーなヴェラールに、運動神経を磨いたV8モデルが登場。アルファ・ロメオ・ステルヴィオとポルシェ・マカンのホットバージョンに対抗します。その仕上がりは、オンロード、オフロード問わず、感服するほどのものでした。

もくじ

どんなクルマ?
ライバルはステルヴィオ・クアドリフォリオやマカン・ターボ
550psの4輪駆動に大径ブレーキディスク
ミニマルなインテリアデザインに贅沢さをプラス
どんな感じ?
まるでアストン マーティン製SUVのよう
感服するほど優れたオン・オフロード性能
「買い」か?
生涯愛することができるクルマ
スペック
ランドローバー・レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフィ・ダイナミックのスペック

どんなクルマ?

ライバルはステルヴィオ・クアドリフォリオやマカン・ターボ

ハンサムで運動神経も優れているレンジローバー・ヴェラール・SVオートバイオグラフィ・ダイナミック(SVAD)が登場した。性能もさることながら、この18文字にもなるグレード名の長さにも驚かされる。

昨年登場した通常のヴェラールはジャガー・ランドローバー(JLR)社にとっては成功したモデルとなった。これまでに6万6000台以上が売れているという。またメカニカルな部分で共通性も多いジャガーFペースSVRも人気で、JLRのカスタマイズ部門、スペシャルビークル・オペレーション(SVO)にとっても嬉しい結果を生んでいるようだ。その流れで、ヴェラールにもさらにハイパフォーマンス・グレードが登場することも不思議ではない。

同じJLRのSVOが生み出すクルマながら、ジャガーとランドローバーとではその中身は明確に区別されている。SVRはパフォーマンスを協調したもので、SVオートバイオグラフィはラグジュアリーを協調したもの。しかし新しいヴェラールのSAVDは、このふたつの特徴を組合せたものといえ、価格は8万6685ポンド(1256万円)から。

単に想像以上に速いレンジローバーというだけでなく、洗練され、ラグジュアリーなロングツアーという性格付けがなされている。ライバルはアルファ・ロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオやポルシェ・マカン・ターボの2台が筆頭。クルマの立ち位置がはっきりしてくる。

生産期間は1年とアナウンスされているが、バルセロナ近郊で試乗している途中で、少し理由も見えてきた。英国ブリジェンドにある、通常のJLRのV型8気筒エンジンを生産している工場の閉鎖が発表されたのだ。恐らく当面は、ウルヴァーハンプトンにある工場からV8エンジンは供給されることになるのだろう。

 
最新試乗記

人気記事