クルマ漬けの毎日から

2020.12.15

クロプリー編集長は1991年製のロータス・エランを手に入れました。この2代目エランは、ロータスでは珍しい前輪駆動です。早くも、来年のヒルクライムに参戦する計画を立てているとのこと。直接話を聞いてみましょう。

【クロプリー編集長コラム】2代目ロータス・エランを買いました!

もくじ

スティーブンズとマイルズが手掛けた エラン

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

スティーブンズとマイルズが手掛けた エラン

最近、2代目ロータス・エランSE(写真)を手に入れた。状態の良い、1991年モデルの前輪駆動のエランが見つかったのだ。

来年、このエランに乗って、ポール・マティが主催するロータスのヒルクライム・チャンピオンシップに参戦するつもりだ。

クロプリー編集長が最近買ったロータス・エランSE。

ロータスの熱心なファンが、このクルマを「本物のエラン」と認めたがらないことは知っている。だが、後輪駆動の伝統を持つロータスの歴史が、2代目エランの販売を短命に終わらせたのだと、私は信じている。

ピーター・スティブンズがデザインを手掛け、また巨匠ジョン・マイルズが、トルクステアと格闘する必要のない優れた前輪駆動を開発した。0-97km/h加速は6.5秒で、これは今でも立派に速い。

当時のロータスのテストドライバーたちは、本社へセルのテストコースで、このエランはターボのエスプリよりも速いラップタイムを出せると評価していた。

エランの開発を手掛けたエンジニアのジョン・マイルズ(1943 – 2018)。元F1レーサー。AUTOCARでもロードテスター兼コラムニストを務めた多才な人だった。
デザイナーのピーター・スティーブンズ。

価格1万ポンド(約135万円)でありながら、それだけの性能と希少性を備え、さらにロータス・エランという伝統の名を持つ。

これは、長年私が探し求めていた「まぼろしの大バーゲン」のクルマなのかもしれない。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。
 
 
 

人気記事