クルマ漬けの毎日から

2021.05.09

トヨタGRヤリス、スズキ会長の鈴木修氏の引退、そしてトヨタの次世代アイゴ。この春の1週間は、クロプリー編集長にとって「日本の小型車」に親しむ日々になりました。さて、どんなことを感じ、考えたのでしょうか。

【クロプリー編集長コラム】気になる日本の小型車、トヨタGRヤリス/次世代アイゴ

もくじ

月曜 トヨタGRヤリスに試乗
GRヤリスと共通点 あの懐かしい2台
火曜 スズキ会長 退任のニュース
金曜 次世代トヨタ・アイゴに期待

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

月曜 トヨタGRヤリスに試乗

同僚たちがいったい何を大騒ぎしているのかが、ようやくわかった。しかもそれが、もっともなことだということも。

このところ私は、トヨタGRヤリスに試乗している。AUTOCAR英国編集部の長期テスト車で、普段は同僚のマット・プライアが乗っている個体だ。

このクルマは最近のロードテストで5つ星の評価を受けたばかりであるが、何とか数日間借りることができた。

トヨタGRヤリス(英国仕様)

GRヤリスは素晴らしい。

このホットな小型車は、非常に多くの要素が私の理想にかなっている。サイズ、ドライビング・ポジション、そしてステアリンングフィールも非常に良く、エンジンのレスポンス、エンジン音(作りものだと言う人もいるだろうが、私は気にならない)、さらには乗り心地までも、まさに理想的なのだ。

乗り心地は確かに硬い。だが、道路の段差を越えた時も、予想していたような突き上げやノイズは感じない。

マット・プライアによると、低スペックのバージョンでは、サーキット向けのダンパーやディファレンシャルは装備されていないので、あまり尖っていないという。そういうバージョンも必要だが、私は今回試乗したGRヤリスが好きだ。

GRヤリスと共通点 あの懐かしい2台

GRヤリスに試乗したことがきっかけとなり、かつて運転したまったく異なる2台のクルマのことを思い出した。

その1台は初期のロータス・エリーゼ。このエリーゼには、とても高価で洗練されたダイナミック・サスペンションが与えられていた。今回のGRヤリスと同じように制御された硬さのサスペンションで、突き上げもなかった。

ロータス・エリーゼ・シリーズ1

思い出したもう1台は、かつて短期間所有していた、錆びた2ドアのアルファ・ロメオ・アルファスッドTi(笑ってはいけない)。

サイズ、ステアリングフィール、クラス最高レベルにレスポンスが良く正確なパフォーマンスといった点で、今回のGRヤリスと共通点を感じ、懐かしいTiのことを思い出したのだ。

アルファ・ロメオ・アルファスッドTi

このアルファはどんな時でも、私にとって妥協のないドライブの友だった。GRヤリスもしかり。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 
 

人気記事