クルマ漬けの毎日から

2021.05.15

1990年代に誕生し、かつて日本でも親しまれたフォード・モンデオ。現在ヨーロッパでは4代目(Mk5)が販売されていますが、2022年3月の生産終了をもって、終焉を迎えることになりました。

【クロプリー編集長コラム】さようなら! フォード・モンデオ 2022年に欧州で終了

もくじ

モンデオ 1990年代に誕生
モンデオ 「フォードの象徴」だった

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

モンデオ 1990年代に誕生

フォードは来年、ヨーロッパにおけるモンデオの製造販売を終了すると決定した。このニュースをどのように捉えればいいのだろうか。

私にとってはなかなかの難題だ。というのも、モンデオは1990年代にフォードとAUTOCARの活動に大きく貢献したからだ。

もし感情のままにこのニュースに反応すれば、悲しみが抑えられなくなってしまうかもしれない。

初代フォード・モンデオ(Mk1)。開発を率いたリチャード・パリー・ジョーンズは、先月亡くなってしまった。

しかし、モンデオのイギリスでの登録台数は、2001年には8万6000台だったが、2020年には2400台へと大幅に減少している。この点に目を向け、マーケットははっきりと意思表示をしたのだと、理性的にこのニュースを受け止めるのが適切であろう。

名高いモンデオは任務を終えたのだ。

そして、フォードは前進を続ける。とはいえ、モンデオ愛好家たちは、あと1年は新車のモンデオを買うことができる。

モンデオ 「フォードの象徴」だった

1993年に誕生したフォード・モンデオは、エンジニアのリチャード・パリー・ジョーンズのインスピレーションによって生まれた。

「優れたドライビング・ダイナミクスは、クルマを運転するどのドライバーからも高く評価されることが可能」という考えのもと、モンデオはつくられた。そして、フォードの象徴的存在となった。

当時この革新的な考え方は、欧州フォードが製造するすべてのモデルに広がっていき、さらには定着した。

モンデオのデビュー時、AUTOCARがフォードの株価を急騰させた!?

モンデオがデビューした時、AUTOCAR英国編集部は「モンデオは王者!(Mondeo is king!)」というタイトルで、この新型車を特集した(画像参照)。

そしてこの記事が、ウォール街でフォードの株価を上昇させたと言われている。

じつに素晴らしい時代だった。だが、いま私たちは未来に目を向け、前進していかなくてはならない。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

人気テーマ

 
 
 

人気記事