カーレビュー

2018.03.11

コンパクトSUV、何を買うべき?(3) 決勝ラウンド 前編

アウディQ3/BMW X1/DS7/フォード・クーガ/マツダCX-5/VWティグアン/ボルボXC40

テスト日 : 2018年02月28日

文・マット・ソーンダース 

編集部より

コンパクトSUV選手権2018ともいうべきグループテスト、決勝戦です。有力なライバルたちを退けて勝ち残ったのは、ドイツとスウェーデンのプレミアム系2台に日本代表。欧州の人気ジャンルの頂点に立つのは、はたしてどのクルマでしょうか。

もくじ

決勝・前編
ひとことでいえば「いいヤツ」なCX-5
SUVらしい「無敵感」満点のXC40
ホットなハンドリングのX1
スカンジナビアンの快適性は秀逸

決勝・後編
プレミアム勢に劣らぬマツダのクオリティ
エンジンパワーは力関係を変えるか
三者三様の乗り味
勝因は目的に見合った仕上がり

ひとことでいえば「いいヤツ」なCX-5

いよいよ決勝が始まる。予選を勝ち抜いたのは、集合写真で姿をみせながらも、ここまで名前の挙がっていない3台だ。いずれ劣らぬ実力者揃いであるが、それぞれが独自の異なる狙いを持つクルマたちである。はたして、最もその目指すものに納得でき、またその狙い通りに仕上がっているのはどれか。最終結果はさておき、まずは順不同で、それぞれを読み解いていこう。

最初に取り上げるのは、コストパフォーマンスに優れ、運動性にも秀でた元気なオールラウンダー、マツダCX-5だ。好みはあるだろうが、ひとことでいえば「いいヤツ」といったところか。試乗車は、2.2ℓディーゼルにATと4WDを組み合わせた最上級仕様で、トルクではほとんどのライバルを寄せ付けない。

そして、真の使い勝手がいいファミリーカーに求められる実用面の要件を満たしている。それは大人4人が座れるシートと、500ℓ以上の容量を持つ荷室だ。さらに詳しく見ていくと、キャビンの上質感ある仕上げと、ドライバビリティと洗練性、安定性が調和した巧みなチューンで、予選落ちしたクルマたちとは一線を画する。3万3000ポンドほどという値付けが安く感じられるほどだ。

next pageSUVらしい「無敵感」満点のXC40

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ