英国試乗 ボルボXC40 T4 活発なエンジンが特長、Rデザイン推奨

2018.10.22

サマリー

ボルボXC40の4気筒エンジン搭載車に試乗しました。以前試乗したエントリーグレードの3気筒よりは活発で十分なパワーを持っています。試乗車はスタンダードなサスペンションが装着されていますが、Rデザインのスポーツサスがおすすめです。

もくじ

どんなクルマ?
4気筒エンジンのXC40

どんな感じ?
豪華さはないがおしゃれな雰囲気
十分なパワー 標準サスはイマイチ

「買い」か?
Rデザインがおすすめ

スペック
ボルボXC40 T4 AWD モメンタムのスペック

どんなクルマ?

4気筒エンジンのXC40

英ボルボによれば、XC40の中でもこのT4エンジン搭載車はベストセラーモデルだという。

消費者のディーゼル離れが進む中で、ガソリン仕様の需要が徐々に高まっているのだ。そこでこのT4や最近導入されたT3がXC40の販売の50%を占めている。

英国の場合、現時点ではエントリーレベルの3気筒T3エンジンが前輪駆動の6速MTしか選択できない中で、4気筒のT4では標準で4WDと8速ATの組み合わせだ。このオールアルミニウムのドライブEエンジンは1969ccで191ps、30.6kg-mというまずまずの性能だ。

今回の試乗車はエントリーレベルの「モメンタム」で、その価格は3万2070ポンド(472万円)からとなっている。サスペンションはフロントにマクファーソン・ストラット、リアにマルチリンクが装着される。しかし、ベースモデルのためRデザインの引き締まったスプリングや太いアンチロールバー、さらにモノチューブのリアショックアブソーバーなどは装着されない。

 
最新試乗記

人気記事