海外試乗

2018.12.31

ロードテスト トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)GRMN ★★★★★★★☆☆☆

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)GRMN

テスト日 : 2018年3月28日

価格 : 2万6295ポンド(381万円)

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

購入と維持 ★★★★☆☆☆☆☆☆

もし読者が2万6295ポンド(381万円)のお金をすぐに払える状態にあっても、英国ではヤリスGRMNを新車で購入することはできない。限定の80台は既に売約済みとなっている。日本国内でも、150台の購入者は既に決定済みとなっているようだ。欧州全体としては400台の割当となっていたが、予約開始の72時間後には、殆どの国で受付を終了してしまうほどの人気だった。

そんな限定車両だが、標準装備はそれほど充実した内容ではない。もちろん、スポーツシートにボディキット、17インチのアルミホイールなど、スポーティなアピアランスにはなっている。しかし、完璧なものとはいい難く、クルーズコントロールは備わらないし、シートヒーターも無し。インフォテインメント・システムも装備されてはいるが、特に優れたものではない。

加えて燃費にも期待できなさそう。長距離の高速道路での走行と、走行性能を測るためにサーキットを走った今回のロードテストでの平均燃費は、9.7km/ℓ。ちなみに、ミニ・クーパーS 210ワークスの平均燃費は10.8km/ℓとなっている。

中古車としての価値推移を見ても、ミニ・クーパーSやプジョー208 GTiより、ヤリスGRMNは若干だが不利なようだ。限定生産にも関わらず、3年後、5万8000km走行後の残存価値は、新車時の39%にまで減ってしまうと見込まれている。

限定生産ながら、残存価値は欧州製のライバルモデルと同等程度となるだろう。

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

 
最新試乗記

人気コンテンツ