[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ニュルブルクリンクでSUV記録樹立 アウディRS Q8プロトタイプ 助手席試乗

2019.11.11

100字サマリー

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで、メルセデスAMG GLC 63Sのラップタイムを12秒も更新した、スーパーSUVのアウディRS Q8。公式発表に先駆けて、AUTOCARでは助手席に試乗する機会を得ました。

もくじ

ニュルブルクリンク7分42秒
80%の本気度でも容赦ない加減速
スーパーSUVの覇権争いに仲間入り

ニュルブルクリンク7分42秒

text:James Disdale(ジェームス・ディスデイル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
アウディRS Q8の正式発表はこれからだが、既に記録的な速さを見せつけた。600psのパワーを放つ高性能フラッグシップSUVは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのSUV周回記録を新たに打ち立てたのだ。

RS Q8は、1周20.8kmのコースを7分42秒253で走ったという。メルセデスAMG GLC 63Sが以前に記録していたラップタイムを12秒も更新したことになる。日産GT-Rが2007年に記録したラップタイムは7分38秒だったから、その速さがわかるだろう。

アウディRS Q8プロトタイプ
アウディRS Q8プロトタイプ

SQ8の進化版となるRSに搭載されるのは、4.0LのV型8気筒ツインターボエンジン。新しいアウディRS6にも搭載されるユニットだ。最高出力は600psで、最大トルクは81.4kg-mを発生する。0-100km/hは3.8秒でこなし、最高速度は305km/hに届く。

SQ8に採用されるエアサスペンションと電圧48Vによるアクティブ・アンチロールバーは、RS Q8にも搭載。だがソフトウェアは専用で、スプリングレートは10%硬くなり、アダプティブ・ダンパーの減衰力も15%引き上げられている。

4輪操舵システムに、トルクベクタリング・スポーツ・リアデフも搭載。装着するタイヤはピレリPゼロの専用品。タイヤサイズは最大で、23インチの295/35 ZRまでが選択できるという。

「RS Q8でのサーキット走行を叶えるだけでなく、日常的な利便性も保たせています。静かで快適で、天候も問わないタイヤが必要でした。ですが、驚くようなラップタイムで走る性能も備えています。このタイヤで目標を達成しました」 とアウディスポーツの開発部門トップ、ビクター・アンダーバーグは述べている。

 
最新試乗記