BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2018.03.07

アストン マーティン・ヴァルキリーAMRプロ 1115ps サーキット専用

編集部より

アストン マーティン・ヴァルキリーAMRプロが、ジュネーブ・モーターショーで初公開されました。最高出力1115psで、25台の限定生産です。なんとダウンフォースは、車両重量を上回ると発表されています。

限定25台 ニューウェイも関与

アストン マーティンは、サーキット専用ハイパーカーの進化モデル、ヴァルキリーAMRプロを世界初公開した。

エイドリアン・ニューウェイ(アストン マーティン・レッドブル・レーシング)
マレク・ライヒマン(アストン マーティン・チーフ・クリエイティブ・オフィサー)
アストン マーティンのデザイン/エンジニアリング・チーム

が手を組んだ経験と知見の結晶と説明されている。そのパフォーマンスは、ルマンLMP1プロトタイプやF1マシンに匹敵するという。


サーキット・パフォーマンスのカギを握るのは、軽量構造と非常に高いダウンフォース。車両重量は1000kgで、ダウンフォースはそれを上回る数値となるようだ。

6.5ℓ自然吸気V12エンジンは、エミッション・コントロール・システムのキャリブレーションを変更するとともに、エネルギー回生システムの制御ソフトウェアを再プログラミングしている。

最高出力:1115ps以上
最高速度:約360km/h

生産台数は25台。カスタマーへの納車は、2020年に開始される予定だ。なお、全台数が完売しているという。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ