海外ニュース

2018.06.14

限定600台フォルクスワーゲンup! GTI EfficientGrip Performance採用

編集部より

日本発売された「フォルクスワーゲンup! GTI」。わが国に導入される日本仕様、同じ右ハンドルを採用するイギリス仕様。いずれも足元はグッドイヤーの高性能タイヤ「エフィシェントグリップ パフォーマンス」を採用しました。写真26枚。

「up! GTI」日本発売 

6月8日に600台限定で日本発売されたフォルクスワーゲンup! GTIに、日本グッドイヤーの「EfficientGrip Performance(エフィシェントグリップ パフォーマンス)」が採用されることが発表された。

フォルクスワーゲンの技術承認を取得した「EfficientGrip Performance」は、グッドイヤーのハイパフォーマンスタイヤ。欧州グッドイヤーで開発されたコンフォートカテゴリーに属する低燃費タイヤブランド「EfficientGrip」シリーズにおける最高峰銘柄で、低燃費性能とウェット性能を両立する。

up! GTIは、フォルクスワーゲンのもっとも小さなモデル「up!」シリーズで初めて登場したGTIモデル。116ps/20.1kg-mを発揮する1.0 TSIエンジンを積み、コンパクトカークラスながら本格的な走りが楽しめることで話題になっている。

なお、フォルクスワーゲンに新車装着されているグッドイヤータイヤのラインナップは、
・ポロ/ゴルフオールトラック:EfficientGrip Performance
・ゴルフ:Excellence
・トゥアレグ:EAGLE F1 ASYMMETRIC SUV
となっており、今回の up! GTI を加え合計5車種への採用となった。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『限定600台フォルクスワーゲンup! GTI EfficientGrip Performance採用』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ