[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

欧 VWアップに「Rライン・パッケージ」 GTIの成功受け 「R」の可能性は低

2018.09.11

100字サマリー

フォルクスワーゲンは小型シティカーのUp!にRライン・パッケージを設定しました。これは先日登場したGTIの成功を受けてのものと見られています。およそ10万円のこのパッケージにより、エクステリアにスポーティなパーツが取りつけられます。

GTIからインスパイア 「R」の可能性は低し

フォルクスワーゲンはアップGTIの成功を受け、Rライン・パッケージを発表した。9325ポンド(135万円)からのシティカーのラインナップを拡大するものだ。

このパッケージではエクステリアに新デザインのフロントバンパー、サイドシル、グリルにシルバーのストリップ、Rラインバッジが追加される。さらに、ルーフとミラーキャップはブラックになり、窓も着色される。

アップGTIからインスパイアされたものであり、2011年の発売以来初めての設定だ。

このパッケージには16インチまたは17インチのホイールも含まれており、後者は有償オプションとなる。

パッケージ価格は欧州で795ユーロ(10万円)となっているが、フォルクスワーゲンUKは「現在のアップのラインナップに満足している」としており、導入しない方針のようだ。また、最近ではRモデルをSUVにも拡大しているが、フォルクスワーゲンはアップRの存在を否定している。R=4WDであるべきというのがその理由だ。

つまり、ポロRも否定されたということになる。

いっぽう度々目撃されているTロックRは間も無く登場するが、一方でTクロスには4WDの設定がないことからRの登場も無いと見られている。

 
最新海外ニュース