ニュース

2018.11.02

シボレー・カマロeCOPO 電動ドラッグレースカー SEMAショー

編集部より

シボレーはSEMAショーにおいて、カマロの電動ドラッグレースカーを発表しました。710psのモーターを搭載し、ゼロヨンを9秒以下で走行可能とのことです。近い将来、クレートエンジンと同様にモーターも発売されるのかもしれません。

もくじ

710psのEVドラッグマシン
エンジンからの換装容易に

710psのEVドラッグマシン

シボレーは現在ラスベガスで開催中のSEMAショーにおいて、カマロをベースとしたEVドレッグレースカーを発表した。eCOPOカマロと名付けられたこのモデルは、GMが米国のドラッグレースチームであるハンコックとレーン・レーシングと共同で開発した。

COPOという名称はセントラル・オフィス・プロダクション・オーダーの頭文字で、1969年および2012年に発売されたカマロの受注生産仕様に使われた名称だ。

eCOPOにはGMとして初めて800Vのバッテリーパックが搭載され、ボルグワーナー製パワートレインにより710ps、83.0kg-mを発揮する。

ボルトやボルトEVに搭載されるバッテリーの2倍の電圧を持つ高性能バッテリーの使用により、0-400mを9.0秒以内で走行可能だという。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ