アルファ・ロメオ クラシックカー向けサービスを開始 レストア/証明書

2018.11.06

100字サマリー

アルファ・ロメオ・クラシケは、クラシックカーのオーナー向けに証明書の発行や専門家によるレストアなどのサービスを開始すると発表しました。さらに、今後希少価値が出ると予想される最近のモデルについても、認証を受けることができるようになります。

もくじ

レストアと証明書発行を開始
新型車も認定の対象に

レストアと証明書発行を開始

アルファ・ロメオ・クラシケは、10月25日から28日に開催されたアウト・エ・モート・ディ・エポカにおいて、クラシックカーのオーナー向けにふたつの新しいサービスを発表した。

クラシックカーの世界において、その出自と来歴は非常に重要だ。それを保証する存在として、メーカー以上に有力な者はいないだろう。

クラシック・アルファのオーナーは、その真正証明書を申請できるようになった。さらに、アルファの親会社であるFCAのヘリテージチームの専門家らによるレストアサービスもスタートする。

これは2016年からアルファが行なっている証明サービスを拡張するもの。

今回のアナウンスに伴い、FCAヘリテージはそのレストア作業および真正証明を受ける最初の車両であるジュリエッタ・スプリント(1955年型)を展示した。これはイタリア人シンガーソングライターのピエロ・ペルーが所有する個体だ。

彼は1980年にこのクルマを取得し、ミッレ・ミリアなどでも走行している。

 
最新海外ニュース