ニュース

2018.11.10

BMW、なぜこのデザインに? 日本人唯一のデザイナーが語るBMWデザイン

編集部より

BMWの本社で日本人唯一のデザイナーとして活躍する永島譲二氏が、今回来日しそのデザインの秘密を教えてくれました。BMWのアイコンであるキドニーグリルや後輪を強調するラインなど共通のテーマから、3、8、Z4など最新車種のデザインについても語ります。

text & photo:Hiroyuki Kondo(近藤浩之)

もくじ

BMWデザイン共通のテーマ
3シリーズ:コンパクトに見せることが重要
3シリーズ:各所に伝統を継承
8シリーズ:6シリーズよりスポーティに
Z4:立体的かつ奥行きを表現

BMWデザイン共通のテーマ

BMW Groupドイツ本社においてBMWデザイン部門/エクステリア・クリエイティブ・ディレクターを務める永島譲二氏を招いて開催された、BMWデザイン・サロンに参加した。オペル、ルノーを経て、1988年からBMWのデザイン部門で唯一の日本人として活躍している永島氏。

彼が手掛けた主なモデルは、Z3(E36/7)、5シリーズ(E39)、3シリーズ(E90)など。今回のデザイン・サロンのテーマとなった、今後日本導入が予定されている3シリーズ、8シリーズ、Z4の各モデルには直接関わってはいないというが、Z4と8についてはコンセプトカーのプロジェクトマネジメントを行い、来日する前にミュンヘンで今回のために担当デザイナーと話をしてきたという。

個々の車種に入る前に、今回のテーマとなった3車種には共通のテーマがいくつかあるようで、まずはそのあたりから話を進めていこう。BMWのアイコンのひとつとしてキドニーグリルが挙げられるが、今回の3車種に関してスポーツ系はグリル両サイドの<>の頂点部分がスポーツ系では下側に、セダン系では上側になるというデザイン上の違いが与えられているという(今後、このデザインが継承さえるかどうかは、「お楽しみに」ということだ)。

ボディサイドのデザインに関しては、キャラクターラインなどの造形がボディ前から後ろに向けて上がっていく方向となり、よりリアホイールが強調されている。これは走りのBMWということで、パワフルな駆動輪を強調するという意味があるそうだ。こういったテーマの他、伝統的なデザインモチーフをさらにブラッシュアップするなど、BMWらしさと新しさが両立されている。

 
最新海外ニュース