[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

次期VWゴルフGTI ハイブリッド却下 出力、TCR含む2種 攻撃的な外観か

2019.02.05

100字サマリー

2020年発表予定の次期型フォルクスワーゲン・ゴルフGTIの出力は、標準グレードとTCRの2種類となるでしょう。ほのめかされていたハイブリッドの採用は却下されたという情報もあります。外観はよりアグレッシブに、内装は新しいテクノロジーをアピールするものとなるはずです。

もくじ

次期型ゴルフGTI、2種の出力
ハイブリッド・モデルは却下
新型ゴルフGTI、内外装の変化は
番外編:GTIのキャラ、変わらぬことに価値

次期型ゴルフGTI、2種の出力

フォルクスワーゲンは次期型ゴルフGTIの仕上げに取り掛かっている。

定期的にパフォーマンスの向上が約束されたGTIの新型には、ヴォルフスブルクで当初計画されていた先進的なハイブリッド化によるパワーアップを採用しないことに決まったようだ。

2020年初期に発売が予定されている8代目のゴルフGTIは、結局のところ、7代目モデルを評価の面でも商業的にも成功に導いたハードウェアの大部分を引き継ぐことになる。

これはつまり、既に7代目ゴルフGTIで使われているアウディが開発したEA888型2.0ℓ直列4気筒ガソリン・ターボ・エンジンのアップデート・バージョンを搭載するということを意味する。

現行モデルと同様に、次期型ゴルフGTIにも2種類の最高出力が設定される見込みで、標準仕様は255ps、TCRのバッジが付く高出力仕様は290psになる。後者は現行GTIの「パフォーマンス」バージョンの後継となる。

TCRのバッジは、現行7代目ゴルフGTIの限定モデルで初めて使用された。レーシングカーのGTI TCRとロードカーのGTIの関連を高めるためにデザインされたクルマなのだ。

最大トルクは現行GTIの35.6kg-mとGTIパフォーマンスの37.3kg-mよりさらに高められ、パフォーマンスの新たなレベルを確立するとVWでは主張している。

高性能版の方は0-100km/hまで6秒以下で加速し、最高速度は250km/hに達する。ギアボックスは現行の6速マニュアルと7速デュアルクラッチ式DSGがどちらも引き継がれるだろう。

 
最新海外ニュース