【1200ps超えなるか】リッチフィールド 日産GT-R ニュルブルクリンクのラップ新記録を狙う 

2020.02.06

100字サマリー

この夏、リッチフィールドモータースが、ニュルで量販車のラップ記録に挑戦します。大幅に軽量化され、1200psを超える3.8LV型6気筒エンジンを搭載した、日産GT-Rがポルシェ911の記録を破れるかが注目されます。

もくじ

リッチフィールド・モータース
GT-R LM1 RS
挑戦の日

リッチフィールド・モータース

text:Richard Lane(リチャード・レーン)

日産GT-Rのスペシャリストで、英国チューニングメーカーのリッチフィールド・モータースは、この夏、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでの、公道走行可能な量販車の新しいラップ記録を樹立しようとしている。

現在の記録を保持するのは、マンタイ・レーシングが開発し、700psを超える、ポルシェ911 GT2 RS MRだ。

GT-R LM1 RS
GT-R LM1 RS

標準的なGT2 RSよりもアグレッシブなサスペンション・ジオメトリと大きなダウンフォースにより、2018年にランボルギーニ・アヴェンタドールSVJを破り、6分40秒の量販車最速ラップを更新している。

スーパーカーが、それぞれのメーカーのサポートと期待を一身に受けていたのに対し、家族経営のリッチフィールドは、このチャレンジを「楽しい」アップグレード・パッケージの経験と受け取っていた。

創業者のイアン・リッチフィールドによると、限られたリソースで、巧妙にボックス化する必要があったと言う。

スウェーデンのサスペンション専門家オーリンズの専門知識を得たり、テスト施設や空力性能が改善されたMIRA試験場の風洞でのスケジュールを確保する際に、個人的なつながりが役に立ったと、リッチフィールドは言う。

R35 GT-Rプロジェクトをコンセプトステージから支え、日産とポルシェのニュルブルクリンクでの戦いに携わる田村宏志からも、スピードを飛躍的に上げるコツについてアドバイスを受けている。

ラップ記録の争いは戦々恐々としているように思われがちだが、実際は、はるかに友好的だ。

現在、ポルシェのスポーツカープログラムを幅広く展開しているマンタイ・レーシングのエンジニアは、リッチフィールドと経験を共にしたいと考えている。

関係者はみな真の愛好家なのだと、リッチフィールドは言う。

 
最新海外ニュース