【2020年版】AUTOCAR英編集部が選ぶ「いま新車で買えるクルマ」ベスト50 前編

2020.06.30

サマリー

現在新車として販売されているモデルの中から、今年もAUTOCARの編集スタッフがお気に入りの50台を選びました。今回の選考基準は「純粋に運転して素晴らしいと思えるか」。実用性や快適性などは考慮していません。

もくじ

運転が楽しいクルマだけを50台
50位 フォード・レンジャー・ラプター
49位 ランドローバー・ディフェンダー
48位 アウディRS6アヴァント
47位 ミニ・クーパーS
46位 フォルクスワーゲン・アップGTI
45位 ヒュンダイi30N
44位 BMW320d
43位 日産GT-R
42位 トヨタGRスープラ
41位 モーガン・プラス・シックス
40位 アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ
39位 トヨタ・ヤリスGRMN
38位 モーガン3ホイーラー
37位 メルセデスAMG A45S
36位 レクサスLC500
35位 BMW M5コンペティション
34位 アルピナB5
33位 ベントレー・コンチネンタルV8
32位 アストン マーティンDB11AMR
31位 フォルクスワーゲン・ゴルフGTI/R

運転が楽しいクルマだけを50台

text:Andrew Frankel(アンドリュー・フランケル)

今年もAUTOCARの編集スタッフが、現在新車で販売されているクルマの中からお気に入りの50台を選んだ。例年であればすべてのモデルを総合的にテストして優れているクルマを選ぶところだが、今年は社会全体が大変な状況に置かれていることもあり、純粋に運転して素晴らしいと思えるかどうかのみを選考の基準にしようと考えた。

ルックスや快適性、洗練度、実用性、革新性などは考慮せず、単純に走りだけで選んだというわけだ。だからといって、スーパーカーやスポーツカーばかりになるわけではない。本質的に運転して興味深いと思えるクルマだ。

最も運転が楽しいクルマ
最も運転が楽しいクルマ

また、必ずしも技術面の完成度が高いクルマを選んだわけでもない。それはフォード・レンジャー・ラプターが含まれていることからも明らかだ。ただ、いずれも運転が楽しいクルマであることは確かだ。

ライフスタイルSUVのようなクルマが1台も含まれていないことも、それが理由である。車高が高くて車重が重く、かといってこれらのクルマで日常的にオフロードで運転を楽しむ人などいるわけがない(異論もあるかもしれないが)。一方、オンロードでは同クラスの優れたセダンやワゴンに走りで敵わない。そんなクルマが選ばれなかったことは当然と言える。

それ以外の選考ルールはいつもどおり。つまり他にルールなんてないも同然。ここに車名が挙がっているクルマは、運転することに人生を費やしてきたAUTOCAR編集スタッフがそれを望んだということである。

 
最新海外ニュース

人気記事