【フィオラノでラ・フェラーリに匹敵】フェラーリSF90 ストラダーレへ伊試乗 後編

公開 : 2020.06.30 15:20

フェラーリとプラグイン・ハイブリッドという組み合わせに、疑問を持つ読者もいるでしょう。心配ご無用。システム総合1000psの最高傑作が登場したようです。英国編集部が、イタリアの一般道とフィオラノで初試乗しました。

もくじ

見事に正確なステアリングと優れた乗り心地
控えめながら機能美なスタイリング
フィオラノのタイムはラ・フェラーリと同等
マラッネロは変化をしても、期待を裏切らない
フェラーリSF90 ストラダーレ(欧州仕様)のスペック

見事に正確なステアリングと優れた乗り心地

text:Mike Duff(マイク・ダフ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
最新のフェラーリ、SF90ストラダーレの基本骨格は、基本的にアルミニウム製。リアのバルクヘッドにはカーボンファイバーが用いられているほか、徹底的な軽量化によって、72kgのバッテリーやモーターなどの悪影響を最小限に留めている。

車重は1570kgに仕上がり、F8トリブートと比べると120kg増えている。でも、その違いはほとんど知覚できない。

フェラーリSF90 ストラダーレ(欧州仕様)
フェラーリSF90 ストラダーレ(欧州仕様)

搭載される8速デュアルクラッチATは、従来以上に素早く滑らかに変速を繰り返す。すでに電光石火といえた7速ユニット以上に。

ステアリングフィールは現代のフェラーリらしく、見事なまでに正確。ステアリングホイールへ、フロントタイヤでトルクベクタリング機能が働いていると伝わるのは、タイトなヘアピンにオーバースピード気味で突っ込んだ時くらい。

乗り心地は、荒れた路面でも従来のフェラーリより上質。ボディの動きを、素晴らしく制御できている。筆者が一瞬ひるむような隆起部分も、難なく通過した。

もう1つ注目すべき部分がブレーキ。バイワイヤーで制御される。フェラーリの技術者によれば、巨大なブレンボ製カーボンファイバー・ディスクに、モーターによる高水準な回生ブレーキ機能を融合させるには、不可欠なシステムだという。

試乗した限り、SF90のブレーキペダルのストロークはとても短く感じられた。それでも踏み込むと、必要な制動力は効果的に得られる印象。システムは可能な限り、最良の働きをしてくれるようだ。

控えめながら機能美なスタイリング

都市部での走行なら、ブレーキペダルを踏み込む力はとても少なくて良い。若干の違和感もある。だが、郊外へ出てペースを速めるほどに、自然さが増していく。数時間ほど走った頃には、筆者はすっかり慣れていた。

SF90のハイブリッド・モードは、知的ではある。だが、V8エンジンが突如始動する振る舞いには、なかなか馴染みにくいことは確か。

フェラーリSF90 ストラダーレ(欧州仕様)
フェラーリSF90 ストラダーレ(欧州仕様)

普通のクルマのプラグイン・ハイブリッドなら、エンジンが始動しても気づかないことすらある。でも、ほぼ無音状態からフェラーリ製V8ターボエンジンが目覚めるのだから、驚かされることもありそうだ。

SF90のスタイリングは、空力的に煮詰められ削り出されたもの。フェラーリ製のトップモデルとつながるような、ドラマチックさは少し控えめに見える。しかし、機能美であることには間違いない。

インテリアは、フェラーリのモデルレンジで見れば、かなり豪華に感じられる。今回の試乗車には、カーボンファイバー製トリムが装備されていた。

多くの機能は、タッチセンサーを介して操作する。16インチの大きな計器用モニターは、さまざまな表示モードを選ぶことができる。

少し気になる部分もあった。エアコンのファンがうるさく、外気温が30度以下であっても、車内を快適に保つには一生懸命回る必要があるようだ。

造形が複雑なダッシュボード上面は、フロントガラスへの映り込みが強い。オートやマニュアル・モード、リバースなどを選択する、磨き込まれたコントロール・セレクターは、イタリアの太陽光では眩しく感じられた。すべての人が気にする部分ではないとは思うが。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事