【2020年版】AUTOCAR英編集部が選ぶ「いま新車で買えるクルマ」ベスト50 前編

公開 : 2020.06.30 19:01

47位 ミニ・クーパーS

ミニの中で最も小さなモデルは、常に最もオリジナルの革新的なコンセプトに近いというだけでなく、最も運転が楽しい。

クーパーSに予算が足りなければ、スタンダードなクーパーでもその良さが味わえる。

ミニ・クーパーS
ミニ・クーパーS

46位 フォルクスワーゲン・アップGTI

WLTPの認証取得が遅れたためにしばらく販売されていなかった素敵なアップGTIが1年ぶりに戻ってきた。

以前と変わらず、非常に小さな空間に莫大な楽しさが詰め込まれている。

フォルクスワーゲン・アップGTI
フォルクスワーゲン・アップGTI

45位 ヒュンダイi30N

確かにヒュンダイi30Nより速くて優れたハッチバックは他にもある。シビックやゴルフは評価が高い。

しかし、ヒュンダイの高性能ブランド第1弾となったi30Nは、楽しくて称賛に値するクルマに仕上がっている。

ヒュンダイi30N
ヒュンダイi30N

44位 BMW320d

このクルマが選ばれたことだけで注目に値する。320dはBMWの小型ファミリーセダンで中間に位置する標準的なモデルに過ぎない。

なぜそんなモデルが選ばれたのかと疑問に思うなら、1度運転してみるとよい。納得するはずだ。

BMW320d
BMW320d

43位 日産GT-R

今や老兵の仲間入りをした日産GT-Rだが、かつては世界で最も先進的なスポーツカーだった。今もその片鱗はうかがえる。依然として非常に性能が高いクルマだ。

日産GT-R
日産GT-R

42位 トヨタGRスープラ

トヨタGRスープラが選ばれた事実から多くのことが読み取れる。プラットフォームを共有しながら、よりソフトで性格の異なるBMW Z4は選外だったからだ。

それでも依然として、ポルシェ718ケイマンの方がずっと優れた2人乗りドライバーズカーであることに変わりはない。

トヨタGRスープラ
トヨタGRスープラ

41位 モーガン・プラス・シックス

プラス・シックスは、本物の現代的モーガンに向けて最初の1歩となるだろうか? おそらく。しかし、依然としてそのフィールは多くのスポーツカーとはまったく違うことに気付くだろう。

モーガンにとってそれは明らかに良いことである。

モーガン・プラス・シックス
モーガン・プラス・シックス

40位 アルファ・ロメオジュリア・クアドリフォリオ

確かに、いまだにアルファ・ロメオには欠点もあるしイライラさせられることも多い。

しかし、ジュリア・クアドリフォリオは近年のアルファで最高の1台でもある。実用性が高く、速くて楽しい。

アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ
アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ

そう、つまり往年の素晴らしいアルファ・ロメオを思わせるということだ。

39位 トヨタ・ヤリスGRMN

ぞっとするほど醜くて、非常に高価で、欠点も多い。しかし、ヤリスGRMNは硬派なドライバーズカーである。

特に小型ハッチバックでは貴重な存在だ。間もなく発売される新型GRヤリスへの期待が膨らむ。

トヨタ・ヤリスGRMN
トヨタ・ヤリスGRMN

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像