国内ニュース

2018.08.03

ライドシェア、日本解禁? 注目のワケ 「合法的白タク」解禁に繋がるか

編集部より

日本でもライドシェアリングが解禁に? 森ビル、メルセデス・ベンツ日本、そしてライドシェアリングのベンチャー企業の米「ヴィア」が実証実験をはじめました。なぜ今注目されているのでしょうか。「合法的な白タク」解禁に繋がるかを考えます。

もくじ

欧米で人気のサービスが日本初上陸
なぜいま、オンデマンドシャトルが注目される?
日本でも「合法的な白タク」解禁に繋がるか?

欧米で人気のサービスが日本初上陸

ついに、日本でもライドシェアリングが解禁になるのか? メルセデス・ベンツVクラスを使った注目のサービスが東京で始まった。

森ビル、メルセデス・ベンツ日本、そしてライドシェアリングのベンチャー企業の米「ヴィア」が8月1日、虎ノ門ヒルズ(東京都港区)で共同記者会見を開き「オンデマンドシャトルサービス」の実証試験を同日から開始することを明らかにした。

サービスの場所は港区内で、森ビルが所有する六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなどの主要商用施設の間を結ぶ他、最新のアルゴリズムにより管理されるバーチャルストップと呼ぶ仮想停留所を約6000カ所設ける。

利用者は森ビル社員の約1300人に限定して、料金は無料。実証試験の期間は来年の7月31日までの1年間。使用する車両はメルセデスVクラスで、台数は最初4台から導入して、状況に応じて台数を増やすことも検討する。

こうした次世代型オンデマンドシャトルサービスが日本で運用されるのが今回が初めてのケースとなる。

なぜいま、オンデマンドシャトルが注目されるのだろうか?

next pageなぜいま、オンデマンドシャトルが注目される?

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ