[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

KTMが、スーパー耐久に参戦 マシンは「X-BOW(クロスボー)GT4」

2019.01.07

100字サマリー

KTMクロスボーが、日本のレースシーンに。今年のピレリスーパー耐久シリーズに、KTMの「X-BOW GT4」が参戦します。3月24日の開幕戦が楽しみです。

ピレリスーパー耐久シリーズ2019 全戦参戦

KTM X-BOWの正規輸入販売を行っている「KTMカーズジャパン」は、X-BOW GT4(クロスボーGT4)を日本に初導入し、スーパー耐久シリーズに参戦することを発表した。車名を「ケーズフロンティアSYNTIUM KTM」として、スーパー耐久シリーズST-Z(GT4)クラスの全戦に参戦する。

X-BOW GT4は、ヨーロッパのモータースポーツシーンでポテンシャルに高い評価を受けており、実績ある4名のドライバーでシリーズチャンピオン獲得を目指す。レベルの高い日本のレースシーンとあって、本国KTM Sportcar Gmbhからも大きな期待が寄せられているという。

エントリーチーム名:KTMカーズジャパン
参戦クラス:ST-Z(GT4)
車名:ケーズフロンティア SYNTIUM KTM
ドライバー:A飯田太陽 B加藤寛規 C高橋一穂 D濱口弘
メンテナンス:童夢

欧州仕様のX-BOW GT4のスペックは下記の通り。

・エンジン:アウディ製2.0ℓ直4ターボ
・ホイールベース:2599mm
・全長:4112mm
・全幅:1933mm
・トレッド:1670mm

また、スーパー耐久シリーズ参戦に合わせて、公道仕様であるX-BOWのプロモーション車両が開催サーキットに持込まれることが発表されている。

なおピレリスーパー耐久シリーズ2019の開幕戦は、3月23日(土)、24日(日)に三重県・鈴鹿サーキットで開催される予定だ。

 
最新国内ニュース