アウディQ7公開

公開 : 2014.12.13 22:50  更新 : 2017.06.01 02:11

エンジンはすべてユーロ6に対応したもので、英国市場には272ps、61.1kg-mのパワー、トルクを持つ3.0ℓV6ターボ・ディーゼルである3.0TDIと、333ps、44.8kg-mのパワー、トルクを持つ3.0ℓV6スーパーチャージャー・ガソリンである3.0TFSIがランナップされる模様。

共に8速オートマティック・ギアボックスが組み合わせられ、4WDシステムであるクワトロも標準となる。このクワトロ・システムは、フロント40、リア60というトルク配分がされる。

3.0TDIは、17.6km/ℓの燃費を持ち、CO2排出量は149g/km。パフォーマンスは、0-100km/h加速が6.3秒、トップ・スピードは229km/hとなる。一方の3.0TFSIは、13.0km/ℓの燃費、179g/kmのCO2排出量で、0-100km/h加速は6.1秒、トップ・スピードは250km・hというパフォーマンスを持つ。ちなみに先代Q7 3.0TFSIは、0-100km/h加速が7.9秒、トップ・スピードが225km/h、燃費が9.3km/ℓ、C02排出量が249g/kmであるから、かなりの改善がされている。

また、ラウンジ時にはラインナップされないが、3.0TDIウルトラも計画されている。これは、215ps、51.0kg-mの3.0ℓV6ターボ・ディーゼルを搭載したモデルだ。更に、中国や北米市場向けには、252ps、37.7kg-mの2.0ℓターボ・ユニットを搭載する2.0TFSIも用意されることと思われる。

第2世代となった新しいアウディQ7は、第2世代のフォルクスワーゲン・トゥアレグ、第2世代のポルシェ・カイエン、そして間もなく発表されるベントレー・ファルコンとランボルギーニ・ウルスと共通のプラットフォームとなる。

サスペンションは標準のスティール・スプリングの他、オプションとしてエア・サスペンションも選択可能。ホイール、タイヤは235/55の18インチが標準となる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事