アウディRS3を初公開

公開 : 2014.12.15 22:50  更新 : 2017.06.01 02:11

メルセデスA45 AMGを凌駕すべく、インゴルシュタット発のRS3スポーツバックの開発が進行中だ。心臓部となる2.5ℓ 5気筒ガソリン・エンジンはチューニングを受け、最高出力は367psを発揮。0-100km/hタイムはスーパーカー並みの4.3秒をマークする。なお英国での販売は2015年の夏を予定している。

公の場に姿を表わすのは2015年の3月に行われるジュネーブ・モーターショーの予定。先代の掲げた£39,950(746万円)というプライスタグからは大きな変化はない見込みだ。

熱間成形された構造用鋼を多用する新しいMQBプラットフォームを採用したことがもっとも注目すべき点で、その他にもボンネットなどにアルミニウム素材を使用することにより、先代よりも55kgの軽量化に成功している。

デビュー直後は5ドア・ハッチバックのみのラインナップとなる予定ではあるが、その後にはCLA45 AMGに対応すべくサルーン版の追加もアウディは否定していない。

つや消しアルミ風フレームとグロス・ブラックのメッシュを組み合わせる独特な意匠のフロント・グリル、大型のエアダクトやエアロなど、ノーマルのA3との外観上の識別点は多い。

これに加えて、強く張り出すフロント・フェンダーやマット・ブラックのドアミラー・カバー、大型化したサイド・スポイラーなど力強さをイメージさせるファクターもたっぷりと用意されている。

また後部を見渡せば、まずトランク・スポイラーが目を引き、その下方にはRS3専用バンパーがおさまる。このバンパーにはディフューザーが組み付けられており、大型の楕円形テールパイプの周辺にはつや消しのアルミ・パーツが飾りを加える。

横置きされる先述の2.5ℓ5気筒ガソリン・ターボ・ユニット(EA855型)は32psの出力向上のほかに、ユーロ6のレギュレーションに対応できるよう数々のディテールが変更を受けている。またターボチャージャーそのものも先代とは別のものに変えられ、ブースト圧は1.3barまで高められている。

よってリッターあたり148psを発揮することに成功し、現行のS3のリッターあたり150psという値まであと一歩のところまできた。(RSの方がSより劣っているの?とお思いの向きもあるかもしれないが、あくまで2.5ℓのRS3のトータル出力は367ps、2.0ℓのS3は300psなのでご心配なく)。また最大トルクは先代より1.5kg-mの増強を果たし、47.2kg-m/1625-5550rpmに到達した。

主だったライバルになるであろうメルセデス・ベンツA45 AMGを引き合いに出してみると、2.0ℓ 4気筒ターボ・ユニットの最高出力は360ps、最大トルクは45.9kg-mとなる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事