セアト・レオン3ドアはIBEコンセプト・モデルを具現化

公開 : 2012.07.20 15:07  更新 : 2017.06.01 01:00

新しいセアト・レオン3ドアのデザインは「明確なクーペ」だと、セアトの社長は語った。

その全貌は来年明らかになるが、5ドアよりも低く広いフロント・エンドを持ち、アグレッシブでスポーティなルックスとなる。2010年のジュネーブ・モーターショーで発表されたIBEコンセプト・モデルにそのデザインは非常に近いとセアトは言う。

より短いホイールベースを与えられ、大きく湾曲したルーフ・ラインを持つ。

一方、エステート・モデルも機能を犠牲にすることなく、スポーティなルックスを持つようになる。BMW 3シリーズ・ツーリングのようなプレミアムな市場を目標にしているという。

3ドアはSC(スポーツ・クーペ)、エステートはST(スポーツ・ツアラー)というネーミングがされるようだ。また、将来的なレオンのボディ・バリエーションについては、コンバーチブルはないことを確認している。しかしクロスオーバーSUVバージョンは可能性がありそうだ。

関連テーマ