BMW 740i プロトタイプ

公開 : 2015.04.18 23:55  更新 : 2017.05.23 10:26

次世代のBMW 7シリーズは、本当の意味でのラグジュアリー・カーに変身したと言えるようだ。幸いなことに、われわれはそのプロトタイプをドライブする機会に恵まれた。

■どんなクルマ?

次のフル・モデルチェンジで6代目となる新しいBMW 7シリーズは、常にこのクラスを支配してきたクルマであり、必然的に比較対象とされてきたメルセデス・ベンツSクラスに、新たなチャレンジを挑むことになるだろう。

新しいBMW 7シリーズが今年の後半にショールームに到着する際には、まずその第一弾として今回試乗したプロトタイプの740iと、750i、740dという3モデルがリリースされることとなる。続いて、このシリーズとしては初めてゼロ・エミッションでの走行も可能なプラグイン・ハイブリッドのガソリン・エンジンを搭載した740eが続く予定だ。ミュンヘンにあるBMWのヘッドクォーターはその技術的な特徴を明らかにしていないが、M750iXという真のトップ・エンド・モデルの存在も仄めかしてはいる。

■どんな感じ?

フランス南部のミラマにあるBMWのテスト・コースで、1、2マイルほどの短い間ではあったが、新しいBMWのラグジュアリー・モデルのプロトタイプのステアリングを握ることを許された。そして、穏やかなスピードの範囲ではあったが、あらゆる面で現行モデルに較べて改善がなされているのがはっきりとわかった。動的な性能が向上したばかりでなく、グリップもより強固になっており、以前よりも精度が増し、乗り心地のレベルも非常に高くなっている。このクラスでは最もスポーティな味付けがされている7シリーズゆえに、そういった期待も大きかったが、現行モデルよりも遥かにツーリングに向いた穏やかなセッティングがされ、快適な空間をも導き出してくれたのだ。また、タッチ・コントロールとジェスチャー・コントールの双方を持つ新世代のiDriveは、シンプルにスマートフォンとの連携ができるようにもなっている。

予想された通り、BMWはこの新しい7シリーズを “革命” と呼んでいるし、確かにそれがピッタリとくる言葉だとも感じられた。

最も重要なテクニカルなアップグレードは、そのボディ・ストラクチャーにある。まずはその骨格に、軽量で強度の高いカーボンファイバー強化プラスティックを、i3やi8は別として、トラディショナルなモデルに初めて採り入れたことだ。また、ヘッダー・レール、サイド・シル、Bピラー、センター・トンネル、Cピラーなどにアルミニウムが使用された結果、基本構造の重さは現行モデルよりも40kgものダイエットに成功しているのだ。ボディ・シェルに関して言えば、新たに設計されたアルミニウム製のドアは第5世代の7シリーズに対して12kgもの軽量化を成し遂げている。今回ドライブしたプロトタイプでは、最終的に現行740iLに対して130kgほど軽く仕上がっていることになる。

実際の重さは1715kg。これは、現行の535iよりも僅かに40kgほど重いだけの数値だ。また、ライバルとの比較では、メルセデス・ベンツS400ハイブリッドの1860kg、4WDのアウディA8 3.0TFISの1830kgなどよりも憂に100kg以上軽いことになる。

新しい7シリーズは9月に開催されるフランクフルト・モーターショーでワールド・プレミアを果すスケジュールで進められているため、BMWは試乗は許してくれたものの、そのスペックについては一切公式には発表をしていない。しかし、今回試乗したロング・ホイールベースのプロトタイプは、現行モデルとほぼ同じサイスで、全長5220mm、全幅1900mm、全高1480mmであるとこっそり教えてくれた。

 
最新試乗記