ボルボXC90 vs BMW X5 vs ランドローバー・ディスカバリー

公開 : 2015.06.16 23:50  更新 : 2017.05.29 19:32

たとえばポルシェ911 GT3 RSを交えた比較試乗があるとしよう。結論なんてわかっている。911 GT3 RSが勝つに決まっているのだ。

しかしこのページはさにあらず。呼び出した3台はどれもが勝者になりうるだけのポテンシャルを秘めている。

なかでも注目株は最新のボルボXC90だ。新しいフラッグシップSUVは、スウェーデン発のボルボを活気づけることは間違いないだろう。

活気づけられたボルボは今後4年で、新しいモデル群を続々と投入する予定だ。あるいはXC90も、すぐに ‘古株’ になるかもしれない。

しかし先代に比べると ―こちらは13年間販売された― 4年なんてものは ‘ほんの一瞬’ にすぎない。それに4年も経てば、今の時間軸からするとXC90を遥かに上回るモデルが他社から出ていてもおかしくない。

ボルボは今後のすべてのモデルに、わずか2種のスケーラブル・プラットフォームしか使用しないことに決めたようだ。

さらに重要なニュースとして、今後 a:2.0ℓ以上のエンジンを作らない、b:4気筒以上のエンジンを作らないということを明言している。

ということは、だ。この4気筒ディーゼルD5ユニットは遅からず消える。ちなみに現時点では225psと48.0kg-mを引き出している。

エンジンから紡ぎだされるパワーは、8速オートマティック・ギアボックスを介して4輪すべてを駆動する。これにワールド・クラスのインテリアとエア・スプリングとくれば時代を席巻してもおかしくないとさえ思える。

ちなみにテスト車には ‘リアルな’ バネ(フロントがスチール・バネ、リアが新規複合物のリーフ・スプリング)が組み合わされている。

用意した3台は、ざっと£50,000(959万円)程度であり、装備を含めてどれもがあなたの理想を叶えてくれるだけの実力(と価格的魅力)を兼ね備えている。

ボルボ以外の2台は最初のデビュー時からいくばくかの月日を経ているが、それぞれがそれぞれの輝きを失っていないのも大きな魅力だ。

なかでもBMW X5は、XC90のエトスと共通するところが多い。

XC90と同じくスティール・モノコックを下敷きにしており、25dに至っては2.0ℓターボ・ディーゼルが8速ATを介して4輪を回す。エンジンもXC90と近しい231psと51.0kg-mを発揮する。

もっとも長老のランドローバー・ディスカバリーはどうだろう。

こちらは今ではあまり見られないボディ・オン・フレーム構造を採用。強靭ゆえに車重は嵩み、2504kgに達している。2040kg (X5)、2009kg (XC90)に比べると、約500kgちかく重たい。

ランドローバーのエンジンは他に比べると50%重く、シリンダー数は2つ多い。したがって排気量も大きくなっており、3.0ℓのV6は257psと61.2kg-m(!)を引きだす。

ただ、この種のクルマだけに、直線上の速さは期待すべきにあらず。0-100km/h加速の公表値はランドローバーが8.8秒、BMWが7.7秒、ボルボが7.8秒となる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事