F1グランプリ第9戦 イギリスGP ーー It’s Hammer Time

公開 : 2015.07.06 22:50  更新 : 2017.06.01 02:09

オープニング・ラップを制したのは、ポール・ポジションのハミルトンでもなく、僚友の同じくフロント・ローのロズベルグでもなかった。2列目からマッサ、ボッタスという2台のウイリアムズが好スタートを切り、何と1コーナーではそのウイリアムズ勢が1-2となった。その直後、ハミルトンはボッタスを交わして2番手につけたが、オープニング・ラップをトップで戻ってきたのは、予想外のマッサであった。

そのオープニング・ラップ、後方では、マクラーレンのバトンとアロンソが、そしてロータスのグロージャンとマルドナードがそれぞれチームメイト同士で接触。このうちコースに戻れたのはアロンソのみで、そのほかの3台はリタイア。そして、このアクシデントによってセーフティカーが早くも導入された。

3周目のリスタートでは、ハミルトンがマッサに仕掛けるが、軽い接触を起こし、3番手のボッタスが2番手のハミルトンを交わし、ウイリアムズの1-2というカタチを形成する。そして、この1-2体制はレース中盤まで続いた。

レースも半ばの26周目。やっとトップをハミルトンが奪い返し、ハミルトン、マッサ、ボッタス、ロズベルグというオーダーとなる。この時1位から4位までの差は6秒足らず。まだ、上位4台には表彰台の一番高いところに上るチャンスがあった。

しかし、ハミルトンは順調にラップを重ねる。そして4番手のロズベルグも、39周目にボッタス、そして40周目にマッサを交わして3位に浮上する。

レースも残り8周というところで降った雨、そしてドライからインターミディエイトへのタイヤ交換のタイミングなどをうまく利用して、3位に浮上したのはフェラーリのベッテルだった。雨を予想して一足早くインターミディエイトにタイヤ交換をした作戦が見事にあたり、2台のウイリアムズ勢のアンダーカットに成功したのだった。

ファイナル・ラップには雨もやみコース上には虹が映る素晴らしいロケーションの中、ハミルトンが今季5勝目を地元イギリスで上げた。序盤こそ、2台のウイリアムズ勢にもっていかれた感じのレースだったが、中盤以降はハミルトンのレース運びだった。

なお、スタート直後のクラッシュでフロント・ウイングを交換したマクラーレンのアロンソは、終始耐えるレースを行い、終わってみれば10位入賞。今季初ポイントを上げた。

次戦は、7月26日、ハンガリーGPだ。



第9戦 イリギスGP結果

1 L.ハミルトン メルセデス-AMG
2 N.ロズベルグ メルセデス-AMG
3 S.ベッテル フェラーリ
4 F.マッサ ウイリアムズ
5 V.ボッタス ウイリアムズ
6 D.クビアト レッドブル
7 N.ヒュルケンベルグ フォースインディア
8 K.ライコネン フェラーリ
9 S.ペレス フォースインディア
10 F.アロンソ マクラーレン

ポイント・ランキング

1 L.ハミルトン 194
2 N.ロズベルグ 177
3 S.ベッテル 135
4 V.ボッタス 77
5 K.ライコネン 76
6 F.マッサ 74