ペブルビーチでBMW M4 GTSと3.0 CSLオマージュを公開

公開 : 2015.07.22 22:25  更新 : 2017.06.01 02:09

来月のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで、BMWは2台のコンセプト・カーを展示する。

1台は今年の2月に行なわれたモトGPでセーフティカーに使われたM4 GTSだ。これは来年夏から販売を予定しているモデルで、ターボチャージャーの温度管理のためにウォーター・インジェクションを持つモデル。このシステムの追加により、M4の3.0ℓツインターボ・ユニットは、430psから473psにまでアップするのだという。

また、このM4 GTSは、固定式の大起案リア・ウイングを持ち、ボディも1572kgまで軽量化される。

そしてもう1台は、5月に行なわれたコンクール・デレガンツァ・ヴィラ・デステで明らかにされた3.0 CSLオマージュだ。このクルマは1970年初期に活躍した3.0CSLのデザインをトレースしたワンオフ・モデル。

製品化する予定はない、というのがBMWはの意向であるが、BMWの将来的なプロダクション・モデルには、このクルマのデザインを反映させるようだ。また、メルセデス AMGのブラック・シリーズに対抗すべく、Mモデルのハイ・パフォーマンス版の計画もあり、3.0 CSLのデザインが役立ちそうだ。

 

人気記事