フォード・シェルビーGT350Rマスタング

公開 : 2016.01.05 23:50  更新 : 2017.05.29 18:53

栄えあるエンジンとシリアスな速さ。マスタングのホット・バージョンは英国で地位を築くだろう。

■どんなクルマ?

フォードは、マスタングの特別なモデルであるGT350Rを開発するにあたって、ベンチマークとしたクルマのことを隠そうとしていない。

強く見据えたポルシェ911 GT3は、GT350Rよりも251kg軽いのは事実であるが、フォードは “サーキットではまったく引けをとらない” と主張する。

単なる派生モデルといった立ち位置ではない(という)うえ、ようやく右ハンドル仕様が加わった。すなわちこれまで以上に注目する必要がでてきたわけだ。

タイム短縮は、軽量なカーボンファイバー製ホイールと、ロードローラーみたくワイドなミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2によるところが大きい。

さらに394mmのブレンボ製ブレーキと磁気粘性可変ダンパーもまたたしかな手助けをしているにちがいない。

これらを差しおいて、さらに注目すべくはGT350Rのエンジンだ。ラップ・タイムの短縮はドイツの手法から学び、ボンネットの下はイタリアンになっているという。

5.2ℓのV8は8250rpmまで吹けあがる。クランクをフラットプレーンにしたのはフェラーリのお気に入りのトリックを流用。オーラルな快感にも気をつかっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

フォード マスタングの人気画像