ジープ・ラングラー・アンリミテッド・バックカントリー・エディションを発売

2016.02.08

FCAジャパンは、ジープ・ラングラーの限定モデル、アンリミテッド・バックカントリー・エディションを2月13日に発売すると発表した。

この限定車は、ベース車両のアンリミテッド・サハラに、ウインタースポーツの要素を取り入れたもの。

今回の限定ボディカラーである “エクストリームパープル” は、過激なスポーツを意味するエクストリームスポーツが由来となっている。また、フロントフェンダーとリアのクォーターパネルに装着されたデカールのデザインは、Xスポーツの「X」が起源。

他モデルでも人気のブラックアクセントをフロントグリル、Jeepエンブレム、ホイールおよびインパネまわりに採用し、パープルボディとのコントラストで上品な雰囲気をつくりだした。

シートの素材には通気性に優れたレザーとスポーツタイプメッシュのコンビシートを採用。また、フロントにはヒーテッド機能が設定されており、インテリアにもウインタースポーツに適した工夫を施した。

パワートレインは、3.6ℓのV6エンジン(284ps、35.4kg−m)と5速オートマティックの組み合わせ。

特別装備は、ブラックレザー/スポーツメッシュ・コンビシート、フロントシート・ヒーター、ピアノブラック・インテリア・アクセント、ディーゼルグレイステッチ入りセンター・アームレスト、ドア・アームレスト、バックカントリー専用ゲージアクセント、Jeepロゴ入りラバーフロアマット、ブラック・ハードトップ、ロックレール、Jeepブラックバッジ、Backcountry専用デカール、グロスブラックアクセント付ボディカラーグリル。

ほかにも、ブラックカラーの17インチ・アルミホイールといった装備を設定しながら、価格はベース車両(レザー仕様価格)の金額に据え置いている。

限定台数は外装色によって異なり、エクストリームパープルが80台、ブラックが10台、ブライトホワイトが10台。

価格は、4,438,800円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事