アリエル・アトム3.5

公開 : 2012.10.11 15:00  更新 : 2017.06.01 01:03

アリエル・アトム3は、V8と無限エンジンに対応するため、ボディ剛性と捻り剛性をアップしたシャシーを得た。アリエルによれば、エンジン・マウントを変更し、乗り心地とサーキットでのトラクション・バランスを上げるための新しいダンパーが組み込まれたという。

アリエルはこのモデルをアトム3.5とネーミングした。このアトム3.5は、新しいデジタルLEDダッシュボード・ディスプレイ、ギア・シフト・ライト、リデザインされたボンネット、LEDのターンランプ、ストップランプ、テールランプと組み合わせられたプロジェクター・ヘッドランプを持つ。また、データー・ロガーは、ラップタイムとGフォースを示すことができるようになった。

ノーマル・アスピレーションの2.0リッターのホンダiVTECエンジンは245bhp、そしてスーパーチャージド・エンジンは、インテーク、マッピング、フューエル・システムの変更によって300bhpから310bhpに引き上げられた。

ミッド・レンジのパワーが上がったのが特徴。また、オプション・リストも豊富となっている。

アリエルの責任者、サイモン・ソーンダースは「速いロードカー、究極のサーキット走行モデル、そして愉しいウィークエンド・カーとという3つの要素を組み合わせたモデルがアトムだ。そして、顧客のパーソナルで独立した要望にそうことができるクルマだ。」と語った。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×